風水開運ガイド

風水の基礎知識をまとめた実用的なブログです。

タグ:風水

nenban2024



























2/4からは新しい年が始まります。2024年の年盤をご紹介します。
風水では新年は立春から始まります。2024/2/4~2025/2/2までが新しい一年です。

しかも2024年から新しい九運に入ります。
「離の作用」によって「狎れ」は強制的に手放さざるを得ない事象が生じます。
腐敗を溜め込んだ組織は限界を迎え、やがて組織は内部から崩壊が始り、
漂い始めた第九運の氣によって暴かれ始めています。
利権や組織によって封じ込まれていた弊害から解き放たれて「創造や技術」に
光が当たる時代へ向かいます。利権を手離したくない組織や人物の抵抗による
混乱がしばらく続くことになると思われます。
価値観の同じ人を大切になさってください。

2024年は「三碧木星」が中央にくる年です。
自分が今何をしたいのか、誰と一緒にいたいのかを明確にすることで、
とっても楽しく充実した一年になるでしょう。

2024年のキーフレーズになり得る易経は雷地豫です。
「何が起きても対応できるように豫め策を講じておくと良い」ことを表しています。
つまり「備えあれば患いなし」。何事にも事前の準備と一緒にやる人が鍵になります。

2024年は「鬼宿(きしゅく)」の年で、想定外の力が働き、現実離れした思考が
大きく世の中を動かす年になります。

2024年の福徳を司り知恵とチャンスを万人に与える歳徳神が巡る幸運の方位は:
恵方は「東北東やや東(甲)」です。

万人の凶方位は次の方位です。
五黄殺5:西------金属製の風鈴で対処してください。引越し・工事など注意。
暗剣殺3:東-------赤い紙で対処してください。
歳破殺6:北西(戌)----六帝古銭で対処してください。
反対側の方位・太歳は病府-二黒2と合わせて対策を。旅行・縁談なども注意。
七紫7はスキャンダルの方位。東北、水竹3本で対処してください。 

また2024年の干支は甲辰(きのえたつ)です。

甲:種子が厚い皮に守られて芽を出さない状態や、物事に対して耐え忍ぶ
状態を表す文字です。また、生命や物事の始まり、成長も意味します。

辰:「振るう」という文字に由来しており、自然万物が振動し、草木が
成長して活力が旺盛になる状態を表します。辰は竜(龍)のことでもあり、
十二支の中で唯一の空想上の生きものです。東洋で権力・隆盛の象徴として
親しまれていた龍は、身近な存在であったことから干支に選ばれたと言われています。

「甲辰」は、「春の日差しが、あまねく成長を助く年」になるように、
春の暖かい日差しが大地すべてのものに平等に降り注ぎ、急速な成長と変化を誘う年に
なるという指針です。

この辰年は、物事が目に見えて大きく動き、変わっていく年。今までの流れに囚われない、
良くも悪くも予想外の変化が起こる一年になることが予想されます。

風水をよくしたい方はまず玄関を清掃・整理してください。もっとやろうという
方は龍の置物を取り入れてください。やってみると変わりますよ。

いまから準備をなさって2025年からのさらなる変化に備えてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。お身体と友人家族を大切に
なさってください。

長さにもある吉凶

長さにも吉凶があります。 風水で使う文公尺はまたの名を魯班尺ともよばれ、長さの吉凶を見る専門のものさしです。 この尺は中国文化圏のあらゆるところで2500年以上も前から使われてきました。 中国の建築だけではなく、日本でも平安時代からほとんどの建築はこのメジャーの吉凶を基に作られました。 方位に吉凶が あるように長さにも吉凶があることを孔子の弟子で、建築の神様として現代でも知られている魯班という人が発見した寸法の原則です。 家や墓の寸法を風水尺の単位で測り、それぞれ吉にすることでよりパワフルに気をコントロールすることが可能です。  
風水尺(魯班尺)の示す吉凶
メジャー ◎1段目は尺。 ◎2段目は門公尺。 ◎3段目は丁蘭尺。 ◎4段目はセンチの寸法です。(インチのものもあります。) メジャーアップ
陽宅(住居・事務所)に用いるのは門公尺です。
門公尺2段目
財徳 財運に恵まれる 退財 財がどんどん減少する
寶庫 勝負・くじ運に強くなる 公事 争い・訴訟事が多い
六合 財を得る 牢執 牢屋に入る
迎福 福に恵まれる 孤寡 ひどい病気や未亡人になる
添丁 家族が増え繁栄する 長庫 離別する
益利 利益を得る 劫財 財を奪われる
貴子 高貴な子を得る 官鬼 裁判沙汰が絶えない
大吉 すべてが順調にゆく 失脱 物を亡くす
順科 試験で優秀な成績を得る 死別 家族が早死する
横財 労せず思わぬ財が入る 退口 家族に病人が多くなる
進益 財運がとてもよい 離郷 故郷を離れる
富貴 名誉と財を得る 財失 泥棒にあい、財を失う
財至 財を得る 災至 意外な災難に遭う
登科 試験に合格する 死絶 家族が重病になる
進寶 くじ運が強く財を得る 病臨 家族が病気になる
興旺 家族・財に恵まれる 口舌 トラブル・噂に苦しむ
陰宅(墓)に用いるのは丁蘭尺です。陽宅では仏壇・トイレ等に用います。
丁蘭尺3段目
福星 家族が増えて繁栄する 口舌 トラブル・噂に苦しむ
及第 昇進する・成績優秀となる 病臨 家族が病気になる
財旺 財がますます増える 死絶 家族が重病になる
登科 試験に合格する 災至 意外な災難に遭う
天徳 有用な人の助けを得る 失脱 物を亡くす
喜事 有用な人と事業をともにする 官鬼 裁判沙汰が絶えない
進寶 くじ運が強く財を得る 劫財 財を奪われる
納福 すべてが順調にすすむ 無嗣 後継ぎがない
大吉 すべてが順調にすすむ 離郷 故郷を離れる
財旺 財がますます増える 死別 家族が早死する
益利 少ないお金で大きな利益を得る 退丁 家族が別れ、病人が増える
天庫 お金が貯まる 失財 常に財を失う
富貴 名誉と財を得る 孤寡 ひどい病気や未亡人になる
進寶 くじ運が強く財を得る 牢執 牢屋に入る
横財 労せず思わぬ財が入る 公事 争い・訴訟事が多い
順科 試験で優秀な成績を得る 退財 財がどんどん減少する
登科 試験に合格する
貴子 高貴な子を得る
添丁 家族が増え繁栄する
興旺 家族・財に恵まれる
迎福 福に恵まれる
六合 財を得る
進寶 くじ運が強く財を得る
財徳 財運に恵まれる

四神相応

風水術の根幹は、龍の息=生気の流れです。この生命の気を捉えてその不思議な力を自分のために活かす方法です。 龍の姿と似たある種の地形を気の源と考えています。 気は繁栄と安らぎ、富と名誉、健康と長寿の源です。気は風の強いところでは吹き飛ばされてしまいます。 水によって区切られる気を常にそこに集めて、留め、淀むことなく貯えることのできる場所が最高とされています。 そんな風水の最高の吉地は【四神相応】の土地です。 四神相応 1)北に玄武(台地、高地)、 2)東に青龍(渓流、河川)、 3)南に朱雀(平野、低地)、 4)西に白虎(大道、街道)を 備えた立地を最高のものとしています。 具体的には東に河川が流れ、南に平坦な地が広がり、 西に大きな道路が通じて、北に山脈や丘陵があるという土地です。 さらに古来、皇帝や家の長・主人は南に向かって座るのがよいとされてきました。 南にいる朱雀は前方や将来を見渡し、情報を集めて主人に伝え、 右手に狂暴な白虎を手なずけその守りとし、左手に虎をにらみ、運気を上げる青龍を置き、 背後にいる玄武は背後から迫る敵から大きな山のような甲羅で身を守ります。 主人は常に陰陽調和のとれた中央にいれば攻撃にも防御にも最高の環境にいることができます。これが環境についての【四神相応】の考え方です。

虎にご注意

注意すべきは、龍は常に虎より強くなければいけません。実際には、家の左=東にある山、ビルよりも右=西にある山、ビルは低くなければいけません。 通りなら穏やかで静かな通りの方が、あまりに激しい交通量の道路より優れていると考えます。白虎は四神の中では唯一凶の性質をあらわします。傷人の害といって他の人を傷つける危険性があります。寝室・個室にはそのため置きません。 玄武は高層ビルや森や丘でもよく、朱雀は火のエネルギーを表し、安楽と幸福に似た広場や小山がふさわしいと考えます。周囲に気の流れがまったくない場所でも、盛り土をしたり構造物を置いたりして、四神を模します。そうして気を作りだしたり、呼び出したりするのです。 人の手でも気は作り出せるというのが風水術の根幹です。 一方、無闇に風景を荒らせば気は破壊され、龍は傷ついてしまいます。 陰陽のバランスが崩れてしまうからです。

四神相応の部屋づくり

四神相応の部屋作り 家の中ではこの考え方を応用してやはり【四神相応】にすることができます。 部屋の出入り口を常に南と考えます。 あなたは部屋の中央にいると想像してください。 左手は青龍、右手は白虎、背後は玄武正面の出入り口は朱雀です。 このようにそれぞれの置物や絵、あるいはその意味する効果を果たすものを 壁に架けたり、置いたりして理想の環境に近づけます。 例えば玄武は山で、山を表す水晶洞を使うことも同じ効果を持っています。 龍は水、水晶、テラリウム、水槽など。 八卦とその意味を考え、自分の活発にしたい運勢を決めたら、 ふさわしい風水グッズも使ってよい気を取りいれ、貯え、淀まないようにしてください。

貔貅(ヒキュウ)は財運の置物

風水貔貅(ヒキュウ)は偏財(変動のある財=金融・サービス・ギャンブル)を主に集める動物です。四方八方から財を集めてくれます。祈願は具体的な時期と金額が良いです。正財(給与)所得もアップする時は風水龍亀(ロングイ)をいっしょに置きます。

置き場所

一対で室内に置きます。頭を玄関の方法へ向けてください。雌雄の置き方は、正面から見て右側が雄、左側が雌です。これは陰陽五行説から向かって右が常に雄になります。龍や獅子の置き方と同じ原理です。(一部では逆の指定をする流派もあります。)リビングのテーブル、カウンターの上、レジ台の上、神棚に置く場合もあります。もうひとつ、家の中心から見て西北に置くという方法もあります。その場合は頭を家の中心に向けてください。

お手入れなど

龍とは違いますのでお水はあげなくても良いです。お香を焚いてあげてください。パワーアップには元宝八宝十宝など貴金属や美しい石をお腹の中に入れてあげるのが一般的です。古銭もよく使います。朝、首に提げた鈴・牛鈴を鳴らして目を覚まし一日を始めてください。帰ったら頭を撫でかわいがってあげてください。お手入れは乾いた柔らかい布で表面を拭くだけで十分です。黄銅製なら何世代も長く持ちます。風水ヒキュウで財を集め、素晴らしい生活を送ってください。 下記の写真は左から元宝・八宝・十宝・古銭・牛鈴です。  
元宝  八宝  十宝  古銭 牛鈴

●五色珠の思想
 風水の五色は、五行の木、火、土、金、水からすべてが成立しており、それぞれ木が青、火が赤、土が黄、金が白、水が黒の五色となっています。 五行の5色
五行五季五色五方
長夏中心
西
  五行から見ると右の表のように色が当てはまります。 左から五行・五季・五色・五方と各列毎にそれぞれの性質を現しています。その性質に合わせて各行はグループになっています。 色で見れば春は青(緑)で、五行の木を、方位の中では東を表します。同じように、赤は夏と火と南の色です。黄色は夏の土用、中心、土を表します。白は秋、西、金を表します。黒は冬、北、水を表します。 五行が性質のこととわかれば、なんとなく感覚でイメージできますね。  
国によって、宗教や場所によっても五色は異なります。チベット仏教では、五色の順番は青・白・赤・緑・黄の順番と決まっています。それぞれが天・風・火・水・地すなわち五大を表現しています。神道の神事の場で祭壇の左右に立てる祭具・真榊の場合は両端より中心に向かって、緑(青の代用)・黄・赤・白・紫(黒の代用)の色の順番になります。上棟祭の吹き流しで一列に並べる場合は、東方より緑・黄・赤・白・紫の順に並べるのが一般的です。

このページのトップヘ