風水開運ガイド

風水の基礎知識をまとめた実用的なブログです。

タグ:陰陽

五行説

自然界や人間社会の諸現象など森羅万象の生成・変化を説明する原理で、木・火・土・金・水という五つの要素を考えます。 要素ということからわかるように「木」とはいわゆる木そのものを指すのではなく、草木の生長・発育を行う不思議な力を指しています。そういった力を「気」と呼んでいます。他の要素も同様に考えます。これらの気が循環することで森羅万象の生成・変化が行われるという考えです(五行の「行」という字には「巡る・運行」という意味あります)。 要素の数を「五」にしたのは古代人の実生活に必要な五材から来たとも、人の片手の指が五本であることから来たとも言われています。古代インドには五元素、西欧にも四大元素という似通った考え方がありました。 一説には夏の国の聖王・禹がつくったといわれています。禹の治世のときに洛水から上ってきた一匹の亀の甲羅に書かれた文様(洛書)から五という数を悟り、国を治めるのに五つの基本原理を思いついたと言われています。 禹が定めた五行は、 「水は土地を潤おし、穀物を養い、集まって川となって流れ、海に入って鹹(かん:しお)となる。火は上に燃えあがり、焦げて苦くなる。木は曲ったものも真直ぐなものもあり、その実は酸ぱい。金は形を変えて刀や鍬となり、味は辛い。土は種を実らせ、その実は甘い」 (「水は潤下し、火は炎上し、木は曲直、金は従革し、土は稼穡(かしょく)す」)というものです。 禹は『木火土金水』と五つの『味』、五行五味の調和を政治の原則としました。 この考えが、斉国の陰陽家・鄒衍(すうえん)によって、後に五つの惑星と結びつけられ、さらに森羅万象に当てはめられて五行説として完成したとも言われています。 五行(五気)は次のようになります。  ・木気 木が持つ形態や性質を観念化したものです。 一例として曲がったり真っ直ぐになったりすることがあげられます(樹木が生長する様子)。 春を象徴します。  ・火気 火が持つ形態や性質を観念化したものです。 一例として明るく熱く燃え上がることがあげられます。 夏を象徴します。  ・土気 土が持つ形態や性質を観念化したものです。 一例として実のあるものを持つことや作物を植えたり取り入れたりすることがあげられます。 季節間の推移を象徴します。  ・金気 金属が持つ形態や性質を観念化したものです。 一例として冷たく硬いことがあげられます。 秋を象徴します。  ・水気 水が持つ形態や性質を観念化したものです。 一例として冷たく潤いがあり流れ下ることがあげられます。 冬を象徴します。 五行とはこの世の森羅万象をとにかく五つのグループに分類したものと言えます。 先に五行(五気)は循環しますが、循環の仕方に三種類あります。

五行の3つの種類

それが次の相生と相剋と比和です。 ・相生 相順応する関係です。今流の言葉で言えば「相性がよい」関係です。 ・相剋 相手を剋する関係です。今流の言葉で言えば「相性が悪い」関係です。 ・比和 同気が重なる関係です。そのためにその気がますます盛んになります。 それが良い方になる場合にはますます良くなり、 悪い方になる場合にはますます悪くなります。

陰陽五行説

古代中国で別々に成立した陰陽説五行説は結びつき、宇宙生成原理はもちろん人間の生き方(道徳)をも含むものに発展しました。 陰陽五行は初めは四季の変化を説明するのに使われたようです。 この世の初めは何も区別できない混沌とした状態(太極)だったが、その中から軽く澄んで暖かい気((陽気)が上昇して「天」に、重く濁って寒い気(陰気)が下降して「地」になり、この陰陽二気は一年という周期をもって消長し、その間に木・火・土・金・水という五つの気が生じ、これらも消長することで四季の別ができる、と考えたようです。 宇宙に存在する森羅万象を陰陽二気の働きによって説明し、次に五行による運行により判断を下すという考え方です。

五行相生と五行相剋

五行同士の関係を説明するための理論が作られてきました。

五行相生

五行相生とは五行間の循環を「相生の相」として捉える理論です。 木・火・土・金・水の五気の間に次のような循環を見いだします。 木気は火気を生じ、火気は土気を生じ、土気は金気を生じ、金気は水気を生じ、水気は木気を生じる、という循環です。 順に「木生火」、「火生土」、「土生金」、「金生水」、「水生木」と呼ばれています。 この説は素朴な自然の摂理にかなっていると言えます。 ・木生火 (もくしょうか) 木は火を生む。 木をこすり合わせることが火が生じるので火を生む。 ・火生土 (かしょうど) 火は土を生む。 火は燃えることで灰(すなわち土)を生じるので土を生む。 ・土生金( どしょうごん) 土は金を生む。 土は集まると山となり山は石を生じる。 金は石の中に含まるので土は金を生む。 土の中に光り輝くものが金(属)でありしたがって土は金(属)を生む。 ・金生水 (ごんしょうすい) 金は水を生む。 山に雲があると雨となる。 山は石を生じ石の中に金が含まれるので金は水を生む。 湿度が高い時には金(属)の表面に水滴が生じる。したがって金(属)は水を生む。 ・水生木 (すいしょうもく) 水は木を生む。 水の潤いによって木は生長するので木を生じる。 このような関係から木→火→土→金→水の順に巡って行けば 何事もうまく事が運ぶと考えたようです。

五行相剋

gogyo1.gif 五行相剋とは五行間の循環を「闘争の相」として捉える理論です。 木・火・土・金・水の五気の間に次のような循環を見いだします。 木気は土気に剋ち、土気は水気に剋ち、水気は火気に剋ち、火気は金気に剋ち、金気は木気に剋つ、という循環です。 順に「木剋土」、「土剋水」、「水剋火」、「火剋金」、「金剋木」と呼ばれています。 この説もやはり素朴な自然の摂理にかなっていると言えます。  ・木剋土(もっこくど) 木は土に剋つ。木は土に根を張り土から栄養分を吸い取って生長する。 これは木が土の気を損なうことであるので、木は土に剋つ。  ・土剋水(どこくすい) 土は水に剋つ。土は水を吸い取り、また、常に流れようとする水をせき止める。 これは土が水の気を損なうことであるので、土は水に剋つ。  ・水剋火(すいこくか) 水は火に剋つ。水は火を消してしまう。 これは水が火の気を損なうことであるので、水は火に剋つ。  ・火剋金(かこくごん) 火は金に剋つ。金属は強く固いが、火はその金属を溶かしてしまう。 これは火が金の気を損なうことであるので、火は金に剋つ。  ・金剋木(ごんこくもく) 金は木に剋つ。大木であっても斧や鋸(これらは金属である)にかかると切り倒されてしまう。 これは金が木の気を損なうことであるので、金は木に剋つ。  

風水と人体の不思議な関係

病は気から

漢方では『病気は体がバランスを失って美容や健康を保てなくなった状態が悪化した結果』であると考えています。気のバランスが崩れた結果ことが起こるとする風水と同じ考えです。 紀元前5世紀ころ中国の戦国時代に生まれた陰陽理論は、風水理論の中核でもあります。不老長寿を求める古人は、それを"気"エネルギーを取り入れることで実現しようとしました。そのトレーニング方法が"気功"であり、医学的には"中医師(漢方医)"、生態学的には"風水" として体系づけられたようです。 "気功"には"医療気功"と"武術気功"があります。"医療気功"はさらに"内気功系"と"外気功系"と2つに分かれます。 "内気功系"は中国で多く行われていますが、患者に特殊な動作を行わせて気を調節する方法。"外気功系"は日本でよく見られますが、気功医師が気を放出して治療する方法です。 病は気から起こっているのですね!

陰陽理論と人体

""は、不要になった老廃物を体外へ排出する臓器群と考えてください。 主に体の後ろ半分に集まっていますね。 ""は、体外から必要なエネルギーを吸収する臓器群と考えてください。 主に体の前半分に集まっていますね。 人体には経絡という気の流れる道があります。つぼはそのターミナルです。 五行に展開すると、"陽"は病気に対する抵抗力を表します。"金"・"水"が"陽"です。 "陰"と"陽"のバランスがとれ安定している状態が"土"です。 "陰"は病気の力を表します。"木"・"火"がその状態を表します。 五行は時間の経過を取りこんだ考えで臓器にあてはめると複雑になります。 五行については別途解説いたします。自分で状態を見るための参考にしてください。 まず基本の陰陽から初めましょう。   1."陽"の臓器:"脾(ひ)"と"肝"  "脾"は、胃・膵臓・小腸からなっています。食べ物から人体を維持するための気を 吸収する働きをしています。"肝"は、"脾"で食べ物から吸収した気を蓄える働きをしています。 2."陰"の臓器:"肺"、"大腸"、"膀胱"、"腎" 。 "肺"は、陽で発生した余剰の気エネルギーを熱に変えて体外に放出します。 "大腸"と"膀胱"は、現代医学での定義と同じです。 "腎"は、"腎気"を蓄える場所です。"腎気"は"陰"の臓器の活動エネルギーで、 1日分の量しか蓄えることができません。補充するために夜中にお腹がすいたり します。"腎気"が低下すると"陽"の働きも低下し、"腎"への負担を減らそうとします。 この"腎気"は母の胎内に宿った時に既に一生分の"腎気"が補給され、量に個人差が 大きいとされています。外部からエネルギーを補給することができないので自分で 自分の"腎気"を補給しないといけません。

腎虚を防ぐ

西洋医学では、病気は異物の侵入や故障した臓器といった原因となるものがあって それを治療しようとします。人体を機械のように考える立場です。 一方、東洋医学は、気の異常によって"血"=血液と"水"=体液との異常が生じると 考えています。バランスが壊れたときに病気になると考えます。 ストレスや目の酷使・頭脳労働・夜中の食事などが、"腎虚"につながっています。 眠っている状態が腎気を補充するのに最適な状態なのに、夜中心の食事や 過労・過剰なSEXは『老廃物を処理する時間』と『腎気を補充する時間』をともに 十分に持てなくしがちです。発病する前の状態="未病"の状態に置かれていると いってよいでしょう。朝すっきりと目覚めることができないようなら未病の状態と 疑ってください。生活を変えてください。   ●夜は12時までに休む。(12時前の30分はそれ以降の3時間に相当します!) ●外食は午後8時までに済ませる。夜食は望ましくありません。 ●疲れている時のSEXは避ける。目の酷使・頭の酷使も避ける。 ●できないときは、12時までに30分以上の休養を取る。横になるだけでもよいです。 どうしても食べたいときは、少量の薬膳料理を! 特にSEXは"滑精"といって腎虚の時に種の保存本能から目覚めることがあります。 朝になさっても、話すだけでも効果はありますよ。 ●腹式呼吸を1日50~100回、余裕のある方は200回なさると効果的です。

時間の陰陽

一日の陰陽

時間にも陰陽があります。まず1日の中で陰陽が入れ替わる様子を見てみましょう。深夜11時に陰陽が入れ替わります。そろから正午まで陽が増し、正午には極まった陽は陰に入れ替わります。 入れ替わった陰は深夜11時まで減りつづけ、また11時に陽と入れ替わります。陰陽の入れ替わる時間は人の身体が入れ替わる時間でもあります。気功治療・勉強などにもこの時間の陰陽バイオリズムをとり入れて効果をあげています。   一日

一年の陰陽

1日が積み重なると1年が出来ますが、1年の陰陽も冬至や夏至を境に陰陽が入れ替わります。主に太陽の運行に基づいて冬至に極まった陰から陽へと入れ替わります。陽は次第に勢いを増し、夏至まで増えつづけます。 極まった陽は今度は陰に入れ替わります。陽は減少し、陰は増えつづけて冬至にいたるまで陽は減り、極まった陰は冬至を境に今度は減りつづけます。 陰陽はものの裏表です。病気も吉凶も陰陽と同じようにどちらかが増せばどちらかが減少します。いつまでも悪いことばかり続くことはありません。また、いつまでも良いことばかり続くこともありません。常に次に備える準備が必要です。   四季

熱性・温性平性寒性・冷性
穀類:うどん、パン、もち米 豆類:いんげん 肉・卵類:鶏肉、鶏レバー、羊肉、羊の胃袋、豚レバー、豚の胃袋、鹿肉 魚介類:鯵、鰯、鰻、海老、海鼠、太刀魚 野菜類:独活、南瓜、キャベツ、生姜、玉葱、韮、大蒜、葱、ピーマン 果実類:杏、サクランボ、桃、胡桃、松の実、ライチ、楊梅 乳製品:羊乳 油脂類:羊脂、牛脂 嗜好品:甘酒、ウイスキー、ウオッカ、ワイン、ブランデー、煙草 調味料:味醂、酢、ナツメグ、味噌、山葵、月桂樹の葉、パプリカ、シナモン、マスタード、胡椒 漢方薬:桂皮、乾姜、良姜、山椒、当帰、高麗人参、茴香穀類:うるち米、玄米 豆類:納豆、大豆、蚕豆、黒豆、きね粉 肉・卵類:豚肉、豚の心臓、牛肉、牛レバー、牛胃袋、鶏卵 魚介類:烏賊、鰹、鯉 野菜類:人参 果実類:苺、無花果、葡萄、パイナップル、干し柿、椰子、李子 乳製品:牛乳、母乳 油脂類:鴨脂 嗜好品:ココア、ジャスミン茶、ほうい茶 調味料:サフラン 漢方薬:甘草、淮山薬、茯苓、香附子、桃仁穀類:大麦、蕎麦、ハト麦 豆類:緑豆、豆腐 肉・卵類:羊レバー、鴨の卵 魚介類:牡蠣、浅蜊、海胆、蛸、すっぽん、田螺 野菜類:胡瓜、牛蒡、春菊、セロリ、筍、茄子、蕗、法蓮草、蓮根、大根、冬瓜 果実類:柿、西瓜、バナナ、梨、羅漢果、真桑瓜、枇杷、林檎、金柑 乳製品:豆乳 油脂類:豚脂、菜種油 嗜好品:ビール、づくだみ茶、ウーロン茶 調味料:砂糖、塩、醤油、バター 漢方薬:牛黄、大黄、センナ、薄荷

風水四神のひとつである朱雀は、 陰陽五行説では火を象徴しています。 南の方のを守護を司る霊鳥です。 季節では夏をあらわし、不死鳥として尊ばれています。 さて、朱雀の置き方ですが、 朱雀 四神相応に応じて、南に置きます。 実際に南におければ一番よいのですがそうでない場合は、 主人がいる部屋や家の正面を常に南と考え、ドアのそばに置きます。 たとえドアのある方位が北でも東でも構いません。 主人が向かう入り口の方向を常に南と考えてください。 中国の皇帝は常に南面するという風水の伝統にそった方法です。   関連記事四神相応にする方法陰陽五行説青龍の置き方白虎の置き方玄武の置き方朱雀の置き方

このページのトップヘ