二十四方位・八方位表

風水の2つの流派

陽宅(住居・事務所など)風水の判断は、 目に見える有形のもので判断する巒頭(らんとう)と 目に見えない無形のもので判断する理気(りき)と 大きく分けて二つあります。

巒頭と理気の違い

巒頭では周囲の建物との位置関係、建物の形や間取りから吉凶を判断します。 一方、建物の方向から無形の影響力を判断する理気では、建物の向き(向)と その反対の建物が座している方向(座)とから判断します。 八方位と二十四方位がよく使われるポピュラーなものです。

2つの見方

八方位法ではすべて45度で分られ、15度づつにわかるのが二十四山方位法です。 玄空埃星盤を使用する玄空派の場合は十六山方位になります。 あなたの信ずる方法を尊重してください。 あなたの家の周りにまず山と川を探してください。 山は山岳・台地・丘陵・小山・高層ビルなどが当てはまります。 川は河川・湖沼・貯水池のほかに鉄道・道路も含まれます。 そして巒頭の凶を注意深く避けるようにします。 凶はいろんなサツを指します。   代表的なサツ八卦鏡のページで見て下さい。 まずよい環境を選べるならその方が簡単です。 悪いものを避けることからはじめましょう。