風水開運ガイド

風水の基礎知識をまとめた実用的なブログです。

タグ:水

五行説

自然界や人間社会の諸現象など森羅万象の生成・変化を説明する原理で、木・火・土・金・水という五つの要素を考えます。 要素ということからわかるように「木」とはいわゆる木そのものを指すのではなく、草木の生長・発育を行う不思議な力を指しています。そういった力を「気」と呼んでいます。他の要素も同様に考えます。これらの気が循環することで森羅万象の生成・変化が行われるという考えです(五行の「行」という字には「巡る・運行」という意味あります)。 要素の数を「五」にしたのは古代人の実生活に必要な五材から来たとも、人の片手の指が五本であることから来たとも言われています。古代インドには五元素、西欧にも四大元素という似通った考え方がありました。 一説には夏の国の聖王・禹がつくったといわれています。禹の治世のときに洛水から上ってきた一匹の亀の甲羅に書かれた文様(洛書)から五という数を悟り、国を治めるのに五つの基本原理を思いついたと言われています。 禹が定めた五行は、 「水は土地を潤おし、穀物を養い、集まって川となって流れ、海に入って鹹(かん:しお)となる。火は上に燃えあがり、焦げて苦くなる。木は曲ったものも真直ぐなものもあり、その実は酸ぱい。金は形を変えて刀や鍬となり、味は辛い。土は種を実らせ、その実は甘い」 (「水は潤下し、火は炎上し、木は曲直、金は従革し、土は稼穡(かしょく)す」)というものです。 禹は『木火土金水』と五つの『味』、五行五味の調和を政治の原則としました。 この考えが、斉国の陰陽家・鄒衍(すうえん)によって、後に五つの惑星と結びつけられ、さらに森羅万象に当てはめられて五行説として完成したとも言われています。 五行(五気)は次のようになります。  ・木気 木が持つ形態や性質を観念化したものです。 一例として曲がったり真っ直ぐになったりすることがあげられます(樹木が生長する様子)。 春を象徴します。  ・火気 火が持つ形態や性質を観念化したものです。 一例として明るく熱く燃え上がることがあげられます。 夏を象徴します。  ・土気 土が持つ形態や性質を観念化したものです。 一例として実のあるものを持つことや作物を植えたり取り入れたりすることがあげられます。 季節間の推移を象徴します。  ・金気 金属が持つ形態や性質を観念化したものです。 一例として冷たく硬いことがあげられます。 秋を象徴します。  ・水気 水が持つ形態や性質を観念化したものです。 一例として冷たく潤いがあり流れ下ることがあげられます。 冬を象徴します。 五行とはこの世の森羅万象をとにかく五つのグループに分類したものと言えます。 先に五行(五気)は循環しますが、循環の仕方に三種類あります。

五行の3つの種類

それが次の相生と相剋と比和です。 ・相生 相順応する関係です。今流の言葉で言えば「相性がよい」関係です。 ・相剋 相手を剋する関係です。今流の言葉で言えば「相性が悪い」関係です。 ・比和 同気が重なる関係です。そのためにその気がますます盛んになります。 それが良い方になる場合にはますます良くなり、 悪い方になる場合にはますます悪くなります。

陰陽五行説

古代中国で別々に成立した陰陽説五行説は結びつき、宇宙生成原理はもちろん人間の生き方(道徳)をも含むものに発展しました。 陰陽五行は初めは四季の変化を説明するのに使われたようです。 この世の初めは何も区別できない混沌とした状態(太極)だったが、その中から軽く澄んで暖かい気((陽気)が上昇して「天」に、重く濁って寒い気(陰気)が下降して「地」になり、この陰陽二気は一年という周期をもって消長し、その間に木・火・土・金・水という五つの気が生じ、これらも消長することで四季の別ができる、と考えたようです。 宇宙に存在する森羅万象を陰陽二気の働きによって説明し、次に五行による運行により判断を下すという考え方です。

五行相生と五行相剋

五行同士の関係を説明するための理論が作られてきました。

五行相生

五行相生とは五行間の循環を「相生の相」として捉える理論です。 木・火・土・金・水の五気の間に次のような循環を見いだします。 木気は火気を生じ、火気は土気を生じ、土気は金気を生じ、金気は水気を生じ、水気は木気を生じる、という循環です。 順に「木生火」、「火生土」、「土生金」、「金生水」、「水生木」と呼ばれています。 この説は素朴な自然の摂理にかなっていると言えます。 ・木生火 (もくしょうか) 木は火を生む。 木をこすり合わせることが火が生じるので火を生む。 ・火生土 (かしょうど) 火は土を生む。 火は燃えることで灰(すなわち土)を生じるので土を生む。 ・土生金( どしょうごん) 土は金を生む。 土は集まると山となり山は石を生じる。 金は石の中に含まるので土は金を生む。 土の中に光り輝くものが金(属)でありしたがって土は金(属)を生む。 ・金生水 (ごんしょうすい) 金は水を生む。 山に雲があると雨となる。 山は石を生じ石の中に金が含まれるので金は水を生む。 湿度が高い時には金(属)の表面に水滴が生じる。したがって金(属)は水を生む。 ・水生木 (すいしょうもく) 水は木を生む。 水の潤いによって木は生長するので木を生じる。 このような関係から木→火→土→金→水の順に巡って行けば 何事もうまく事が運ぶと考えたようです。

五行相剋

gogyo1.gif 五行相剋とは五行間の循環を「闘争の相」として捉える理論です。 木・火・土・金・水の五気の間に次のような循環を見いだします。 木気は土気に剋ち、土気は水気に剋ち、水気は火気に剋ち、火気は金気に剋ち、金気は木気に剋つ、という循環です。 順に「木剋土」、「土剋水」、「水剋火」、「火剋金」、「金剋木」と呼ばれています。 この説もやはり素朴な自然の摂理にかなっていると言えます。  ・木剋土(もっこくど) 木は土に剋つ。木は土に根を張り土から栄養分を吸い取って生長する。 これは木が土の気を損なうことであるので、木は土に剋つ。  ・土剋水(どこくすい) 土は水に剋つ。土は水を吸い取り、また、常に流れようとする水をせき止める。 これは土が水の気を損なうことであるので、土は水に剋つ。  ・水剋火(すいこくか) 水は火に剋つ。水は火を消してしまう。 これは水が火の気を損なうことであるので、水は火に剋つ。  ・火剋金(かこくごん) 火は金に剋つ。金属は強く固いが、火はその金属を溶かしてしまう。 これは火が金の気を損なうことであるので、火は金に剋つ。  ・金剋木(ごんこくもく) 金は木に剋つ。大木であっても斧や鋸(これらは金属である)にかかると切り倒されてしまう。 これは金が木の気を損なうことであるので、金は木に剋つ。  

龍の置き方

龍はエネルギー(気)のシンボルです

風水において龍は権威を象徴し、中国では皇帝のシンボルでもありました。富貴吉祥をあらわす龍は正しい位置に置けば財を招き富貴を呼びこむことが出来ます。人間関係を順調にして争い事を避けるために、家の中で寅のパワーを圧倒するように配置することが必要です。 龍は水のシンボルですから古来より湖・滝・川・海に住み雨乞いは龍を呼び寄せるものと言われています。 中国晋代の風水書『葬経』に 『気は風に乗じて散じ、水にくぎられて止まる』という記述があります。 大地の気は、風に吹かれると散逸し、水に逢うと止まるという意味です。 気は生命エネルギーのことですが風水はこの気をいかに呼びこみ いかに長くとどめるかにその注意を集中しています。 陽の気のエネルギーを蓄え龍によりよく働いてもらうために水を供えます。 水は龍の住処となり家に出入りする出入り口となります。 龍にペットのように親しむ古代中国伝来の龍アイテム活用法をご紹介しましょう。 まず名前をつけて可愛がってください。

●龍の置き方:

龍は家の中心から見て東、もしくは玄関に外からはいった時右側に置きます。龍が水を飲み、龍に親しんでくるともう1匹ほしくなります。そんな時は各部屋の入り口のやはり入って右側に置いてください。

●龍のパワーアップ方法:

  1. 招財進寶古銭を龍の下に敷く。財力アップに。
  2. 八卦古銭を下に敷く。こちらは邪気を払うため。
  3. 六帝古銭を首に巻く。家内平安,健康、運気向上に。 財運と権威を特に求める場合は五帝古銭にします。
  4. お香を焚く。パワーアップに。 5.水晶玉を備える。パワーアップと願いを叶え邪気を払うために。
  5. 十寶を備える。パワーアップに。
  6. 新鮮な水。器は銅製の水杯がイオン的によいとされています。 また、清潔な環境。涼やかな鈴の音。明るい照明など。 龍とのコミュニケーションがうまく行くと水が減ってきます! 不思議ですよ!龍のパワーを実感して下さい。
関連記事四神相応にする方法陰陽五行説 青龍の置き方白虎の置き方玄武の置き方朱雀の置き方

●五色珠の思想
 風水の五色は、五行の木、火、土、金、水からすべてが成立しており、それぞれ木が青、火が赤、土が黄、金が白、水が黒の五色となっています。 五行の5色
五行五季五色五方
長夏中心
西
  五行から見ると右の表のように色が当てはまります。 左から五行・五季・五色・五方と各列毎にそれぞれの性質を現しています。その性質に合わせて各行はグループになっています。 色で見れば春は青(緑)で、五行の木を、方位の中では東を表します。同じように、赤は夏と火と南の色です。黄色は夏の土用、中心、土を表します。白は秋、西、金を表します。黒は冬、北、水を表します。 五行が性質のこととわかれば、なんとなく感覚でイメージできますね。  
国によって、宗教や場所によっても五色は異なります。チベット仏教では、五色の順番は青・白・赤・緑・黄の順番と決まっています。それぞれが天・風・火・水・地すなわち五大を表現しています。神道の神事の場で祭壇の左右に立てる祭具・真榊の場合は両端より中心に向かって、緑(青の代用)・黄・赤・白・紫(黒の代用)の色の順番になります。上棟祭の吹き流しで一列に並べる場合は、東方より緑・黄・赤・白・紫の順に並べるのが一般的です。

十干って?

十干(じゅっかん)は 甲(こう)・乙(おつ)・丙(へい)・丁(てい)・戊(ぼ)・己(き)・庚(こう)・辛(しん)・壬(じん)・癸(き)の総称です。

干の意味

中国・殷の時代には太陽が10個あるという神話があり、 毎日違う性質の太陽が昇ってくると考えていました。 その10種類の太陽を区別するために1日ごとに名前をつけました。 それがです。 その日に生まれた者は、その日の太陽の性質を受け継ぐと考えられました。 この太陽が一巡する10日間を表すものとしてという単位が生まれました。 上旬・中旬・下旬という言葉はこれにもとがあります。 旬の中の何番目に当たるかを表す記号がです。 1旬は10日ですから干は10種類あります。1週間の各曜日に月曜などの名前がつけられているのと同じ考え方です。

十干の種類と意味

十干の語源は、草木の生長過程を十段階に分けて名付けられたものです。 それは以下のようになっています。 ・甲 甲は「冑=よろい」。種子が発芽するにあたってまだ厚皮を被っている状態。訓読みでは、きのえ。 ・乙 乙は「軋=きしる」。芽がまだ伸長していないで屈曲している状態。訓読みでは、きのと。 ・丙 丙は「炳=あきらか」。草木が伸長してその姿形が明かになった状態。訓読みでは、ひのえ。 ・丁 丁は「丁壮=壮年男子」。草木の姿形が充実した状態。訓読みでは、ひのと。 ・戊 戊は「茂=しげる」。草木が繁茂して盛大となった状態。つちのえ。 ・己 己は「紀=すじ」。 草木が十分に繁茂して盛大となり、かつその筋道が整然となった状態。訓読みでは、つちのと。 ・庚 庚は「更=あらたまる」。草木が成熟して結実した結果、自ら新しいものに 再出発しようとする状態。訓読みでは、かのえ。 ・辛 辛は「新=あたらしい」。草木が枯死して新しくなろうとする状態。訓読みでは、かのと。 ・壬 壬は「妊=はらむ」。草木の種子の内部に新しいものがはらまれる状態。訓読みでは、みずのえ。 ・癸 癸は「揆=はかる」。草木の種子の内部にはらまれたものが次第に形作られている状態。訓読みでは、みずのと。  

陰陽五行説と十干の組み合わせ

十干が陰陽五行説と結びつくと 甲・乙を、 丙・丁を、 戊・己を、 庚・辛を、 壬・癸を に 割り当てた上で陰陽に分け、 甲・丙・戊・庚・壬を陽の干で兄(え)、 乙・丁・己・辛・癸を陰の干で弟(と) と定めました。 同じ気であってもその性質に大きな差があります。 例えば、火気の陽の干である丙は太陽の光熱を、 火気の陰の干である丁はろうそくの光を当てはめることができます。 また、水気の陽の干である壬は海を、 水気の陰の干である癸には水滴をといった具合です。 陰陽説と五行説との組み合わせによって十干に新たな意味づけがなされたことがわかります。

干支と十干との60の組み合わせ

さらに、干は支と組み合わされる時、陽は陽と、陰は陰としか結びつかないため120通りではなく最小公倍数の60通りになります。組み合わせはそれぞれを歯車で例えるとわかりやすいと思います。 十干十二支の60の組み合わせ 命主占法では 十干は天干、 十二支は地支ともいわれ、 十二支で方位を 十干で生まれ持った本来の性質を見ます。 また、十干にはそれぞれに運気を上げる色やアイテムがあるといわれています。四柱推命を見る方はぜひ参考にしてください。  
五行 十干 五色 宝石 アイテム
甲・乙 きのえ・きのと 木の兄と弟 エメラルド・翡翠 甲は桃・桜・松・梅。乙は観葉植物、竹。 木・植物
丙・丁 ひのえ・ひのと 火の兄と弟 ルビー・アメシスト・ガーネット ハイビスカス・アネモネ・チューリップ 太陽・果物
戊・己 つちのえ・つちのと 土の兄と弟 トパーズ・シトリン たんぽぽ・パンジー・きんぽうげ 山・土
庚・辛 かのえ・かのと 金の兄と弟 パール・ダイアモンド 百合・くちなし・カスミソウ 宝石
壬・癸 みずのえ・みずのと 水の兄と弟 アクアマリン・ブルートパーズ ヒヤシンス・勿忘草・紫陽花・ラベンダー 海・湖・水

水を置くだけで開運できる!まず家の座山と玄関の位置をチェックしてください。 24方位
座山
その意味財、権威高貴勇敢蓄財、神仏勝負・表鬼門病気、風水病気、巨万の富高位、権威女性、技芸、芸能蔵、倹約、学問文章、試験、秀才食、キッチン地位、名誉変動、離健康、長寿、富貴蔵、神経、神仏孤高・裏鬼門玉璽、天印英雄、将軍、指導者高貴、官職、桃花秀才、英知、文章蔵、僥倖、神仏尊厳、頑固富貴、尊厳、地位
玄関の位置東南南西南西南、南西南、南西西北西北西北西北、北北、西北北、北東西北、北東西北、北東北東北東東南東南東南東南、東 東南、南東南
トイレの位置西、東西、東東、南西、南西北、西北、南西北、西北、南西南、北北、南南、西北南西、西南西、東南西、西東、西東、西南、西東、南南、西北北東、西北北、南西北、北東北、東北、東北、東
机の向き南、南西南、南西南、南西北東、西北北東、西北北東、西北東南、西東南、西東南、西北東、西北東、西北東、西北、南西北、南西北、南西北東、東北東、東北東、東西北、北西北、北西北、北東南、北東南、北東南、北
水の置き場所未、坤巳、丙戌、乾未、坤、申不要壬、子乾、亥乾、亥甲、卯艮、寅艮、寅丑、艮不要戌、乾乾、亥

このページのトップヘ