風水開運ガイド

風水の基礎知識をまとめた実用的なブログです。

タグ:気

気とは何でしょう?

気の解明

風水は家に気をとりこみとどめる方法ですが、気はまだ科学的に解明されていません。気功治療で外気治療をする際、中国の医科大学や気功研究所での研究では、いくつかのことがわかっています。 気の成分物質は、サーモグラフィーや分光光度計、ガイガー・ミュラーカウンター、赤外線測定装置などの各種の測定機では微弱な赤外線、磁気、静電気、超低周波などとして計測されています。ただそれが気のすべてであるかは不明です。気は外気の分析結果から見ただけでは十分に掴むことができないのではないでしょうか。例えば、赤外線こたつと比較してみると、気功師の赤外線は数万分の一の強さしかありません。しかも波形も一定ではなく、波動も極めて複雑に変化します。気功師の鍛錬状態や精神状態によっても大きく変動することが知られています。現代医学や化学の心身二元論に対して、心身一如の東洋的な考え方が求められているようです。 実際に気功の訓練を続けて内気を全身にくまなく循環するようにすると、頭痛・いらいら・めまいが改善されます。血液の粘稠度が低下してさらさらになります。それによって血液循環が良くなり、血圧の降下と安定が得られます。ある程度気功を訓練すると気を実感するのはそう難しいことではありません。気は一種の生命エネルギーと考えておくと分かりやすいようです。具体的には大きく3つに分類できそうです。 1.磁気 2.気力 3.エネルギー

気の成り立ち

気には「先天の気」と「後天の気」と2種類あります。2つは互いに作用しあって体を維持するために必要な生命エネルギーとなります。宇宙の万物は風水では成長・発展・変化のすべてが気の運動だと考えます。人体も同じです。

先天の気は元気

先天の気は「元気」と呼ばれます。「真気」あるいは「正気」とも呼ばれます。先天の精より生じて人体の命門に入ります。「元気」には、生命活動の原動力となる重要な働きがあります。「元気」は生命の根本であり、成長や発育、また各臓器の活動を促す要素を持っています。遺伝的な色彩の強いもので、胎児が生命を両親から授かった時、先天的に受け継いだ気と母体内で発育する期間に獲得した基礎エネルギーです。

後天の気は3つ

後天の気は「臓腑の気」、「宗気」、「営気」、「衛気」からなります。 「臓腑の気」は、水穀により得た栄養分と呼吸で得た酸素によって、各臓腑の機能を発揮させる働きをします。 「宗気」は、呼吸によって得た酸素と水穀によって気を結合させて、心臓の血行と肺の機能を促進させる作用を持っています。 「営気」は、水穀より摂取した栄養分を全身に行き渡らせ、血液を作り出す作用をします。「衛気」は、筋肉や皮膚の温度を一定に保つ作用をするとともに、邪気が外部から侵入しないように防衛し、体内の邪気を排出します。また各臓器の保護をする働きがあります。 「宗気」と「営気」は、大自然から得ている気、空気中の酸素を呼吸することからとり入れる「宇宙の気」と、飲食物を摂取し身体の栄養分とする「水穀の気」によって成り立っています。 気は六腑の「三焦」によって気化(=気の運動や転化)されエネルギーに変化します。「三焦」はさらに三つの区分があります。 「上焦」、「中焦」、「下焦」です。 中国の著書『霊枢・営衛生命篇』には、『上焦は霧の如し、中焦はおう(ひたす)の如し、下焦は涜(みぞ)の如し』とあります。 上焦は精気を全身に行き渡らせる作用をして、心臓を主とします。 中焦は水穀を腐熟させて気血を生じる作用をして、胃と脾臓を主とします。 下焦は清濁を分けて濾過の作用をして、腎臓を主とします。水穀は脾と胃に入り、気化の作用を経て精微の気となり、肺を通って百脈(全身の血管)をめぐります。心臓を通った精微の気は、五臓六腑と体のすみずみへ行き渡ります。 人体の気を養うことが気功や医術の働きで、家の気を養うことが風水の働きです。どちらも正を助けて邪を退ける方法です。  
・生命エネルギー 先天の気 元気(正気・真気)
臓腑の気(五臓六腑の気)
後天の気 宗気 宇宙の気
営気 水穀の気
衛気

人体と時間

意識は気の現れです。脳や内臓は経絡という道でつながっています。生命力である気は経絡を結び、互いに影響しあって運動しています。体内時計という存在が西洋医学でも重視されていますが、時間生物学(Chronobiology)という学問も生まれています。例えば、胃がん患者に抗生物質を投与する時間を午後7時にした場合、午前7時に投与した場合の半分の効果しかなかったことが実験でわかっています。 気功などもこの時間のバイオリズムに合わせて行えば効果が高いといわれています。 『黄帝内経』には「人与天地相参也、与日月相応也」(人と天地はつながっていて、日月=宇宙とお互いに影響しあっている)、「人以天地之気生、四時之法也」(人は天地の気の中に生きていて、四季の法則にしたがって成長する)と記載があります。   内臓に変化が起きやすい時間帯があり、それは下記のとおりです。影響はプラスもマイナスも起こります。胃腸薬は朝7から9時に服用するとほかの時間より効果が早く出ます。一方、朝の暴飲暴食は胃に負担をかけやすく注意が必要です。午後11時は陰陽の交代の時間ですから、肝臓や胆のうに大きな負担がかかるので遅い時間の飲酒もほどほどにした方がよさそうです。  
臓器名 時間帯
3~5時
大腸 5~7時
7~9時
膵臓 9~11時
心臓 11~13時
小腸 13~15時
膀胱 15~17時
腎臓 17~19時
前上半身 19~21時
後上半身 21~23時
胆のう 23~1時
肝臓 1~3時

症状と時間

時間の意味 症状 時間帯
分娩時間 出産の多い時間帯 3~5時
失明時間 目の機能が低下する時間帯 2時
出錯時間 徹夜でのミスの多発する時間帯 3~4時
病乏時間 血圧が低く疲れのたまる時間帯 4~5時
最旺盛時間 インシュリンの分泌が最も多い時間帯 6~8時
就医時間 皮下注射の分泌が最も鈍い時間帯 9時
創造時間 脳の活動が最も盛んな時間帯 10~12時
消化時間 胃酸の分泌が最も盛んな時間帯 13時
手工時間 手指の敏捷性が増す時間帯 15~16時
成長時間 毛髪・爪などの最も成長する時間帯 16~18時
感覚時間 味覚・聴覚など五感が最も敏感な時間帯 17~19時
学習時間 記憶力が最も良くなる時間帯 18~20時
美容時間 肌の新陳代謝が最もよい時間帯 20~21時
夫妻時間 最も孤独感に襲われる時間帯 21~22時
陰陽交代時間 陰陽が逆転する時間帯 23時

死因と死亡時間

満月や新月の時は生理痛が重くなったり、出血を伴なう病気を発病しやすいとか、昔切った指が疼いてくると天気が悪くなることがわかるとか、身の回りに多くの事例があります。自然からのメッセージを聞いて生命にプラスになることを取り入れてください。
死因 死亡時間 要注意の季節 属性 相剋関係 (臓器)
膵臓 1~3時 夏~秋 肝臓
肝臓 5~7時 春。秋も。
腎臓 9~11時 晩夏から初秋。冬も。 膵臓
11~13時 秋。 心臓
心臓 17~19時 冬。夏も。 腎臓

風水四神のひとつ・白虎は使い方が難しい置物のひとつです。 なぜなら虎は四神の中で唯一、凶を表す聖獣だからです。 使い方を間違えると人間関係に害を及ぼします。 虎の威圧感と権威を生かして、 開運する方法は・・・ 毒をもって毒を制するアロワナや薬品のように虎を使ってください。 外部からやってくるサツや陰の気を撃退することが出来ます。 まさに虎は強力なガードマン! さて、虎の置き方は 1)常に自分の右側においてください。 家の玄関や事務所・店舗の場合も同じです。 置くなら、白虎の方位=西、または玄関へ外から入って左側においてください。 2)龍とバランスをとること。 虎のパワーが強すぎると傷人の害がおきやすくなります。 龍とともに用いるようにしてください。 虎が玄関へ外から入って左側なら 龍は玄関へ外から入って右側においてください。 3)寝室や個室などプライベートな場所には置かないこと。 置き場所はリビング・玄関の外・門など共有スペースが最適です。 関連記事四神相応にする方法陰陽五行説
青龍の置き方白虎の置き方玄武の置き方朱雀の置き方

b51005.jpg 香炉は気の浄化に使われます。 よい香りは空間とともにこころまで浄化します。   八宝十宝を灰の下に埋めてから使用します。 灰や香木・お香をセットにしたものも販売されています。 またコーンタイプや渦巻きタイプなどさまざまな

  お香が販売されています。お好きな香りではじめて ください。ただし同じ香炉では同じお香を焚くように しないと、香りが混じって本当の香りを楽しめなく なります。

十宝 十宝は、金・銀八卦・銅八卦・生鉄に五色を表す大玉真珠・ 翡翠または瑠璃(ラピスラズリ)と珊瑚・黄水晶(シトリン) ・黒オニキスを加え、さらに五色縄と五穀とポーチを加えます。 五色縄は、中国の陰陽五行によって天地のすべてを構成する 木・火・土・金・水を五色の色布で象徴的に表したものです。 五穀は、稲穀・緑豆・紅豆・黒豆・黄豆の代表的な穀類です。 金・銀八卦・銅八卦・生鉄・珍珠(真珠)・瑪瑙・ 印度翡翠(アベンチュリン)の七寶に五色縄を加えたものです。 八宝 八宝は、金・銀八卦・銅八卦・生鉄・珍珠(真珠)・瑪瑙・ 印度翡翠(アベンチュリン)の七寶に五色縄を加えたものです。 五色縄は、中国の陰陽五行によって天地のすべてを構成する 木・火・土・金・水を五色の色布で象徴的に表したものです。 ともに初めて使う香炉の灰の中に埋めたり、力をさらに高める ために使います。貔貅麒麟の中にも入れてパワーアップに 使いこともあります。  

このページのトップヘ