風水開運ガイド

風水の基礎知識をまとめた実用的なブログです。

タグ:方向

龍亀・ロングイ 龍亀(ロングイ)は、体が亀、頭が龍の動物です。龍の子孫とも呼ばれています。 亀はその甲羅で邪気を跳ね返し、龍は貴人運を高めて、よい人を招き。財運をもたらします。

置き場所

1匹で通常は室内に置きます。頭を玄関の方法へ向けてください。 ご商売の方はオフィスや店舗の入り口に置いてください。 特にレジのそばに置くとさらに効果が高まります。 財を途切れることなく集めてくれるといわれています。 また机の上に置いても仕事や勉強のサポートをする働きがあります。 台湾・中国では神棚・お仏壇に置かれるこのも多く、その場合は関帝像とともに置かれることが多いです。

お手入れなど

龍とは違いますのでお水はあげなくても良いです。代わりに時々お香を焚いてあげてください。パワーアップには元宝、八宝、十宝、古銭などを底を破ってお腹の中に入れてあげるか、そばに置いてあげるのが一般的です。 お手入れは乾いた柔らかい布で表面を拭くだけで十分です。黄銅製ならら何世代も長く持ちます。風水ロングイで財を集め、素晴らしい生活を送ってください。

風水蟾蜍の置き方

特長

風水蛙(三脚蟾蜍)は脚が3本で沢山の黄金やお金の上に座っているヒキガエルです。 前後左右すべての方向に飛んでお金を山のように集めるのがその働きです。 このヒキガエルにはご主人がいて、その伝説の仙人は劉海仙人といいます。 蛙にお金を吐き出してもらうためには 『劉海仙人到(リョウカイセンニントウ)!』 というとよい、と伝説は伝えています。

置き方

風水蛙は、玄関や店舗の入り口(内部)の床の上に直に置いてください。 朝、おはようと言って蛙を外に向け、夜、ご苦労様といって中に向けます。 口には古銭を咥えています。が、少しお腹が空いていそうなときは十宝セットか、古銭をあげてください。良く働いてくれるはずです。 背中に北斗七星を背負っています。財運向上のための最強風水グッズです。 お水や台はいりません。玄関や入り口のそばの床が一番。流派によってはリビングや事務所の目立たない場所に置いて頭を玄関に向けるという方法を取る事もあります。

二十四方位・八方位表

風水の2つの流派

陽宅(住居・事務所など)風水の判断は、 目に見える有形のもので判断する巒頭(らんとう)と 目に見えない無形のもので判断する理気(りき)と 大きく分けて二つあります。

巒頭と理気の違い

巒頭では周囲の建物との位置関係、建物の形や間取りから吉凶を判断します。 一方、建物の方向から無形の影響力を判断する理気では、建物の向き(向)と その反対の建物が座している方向(座)とから判断します。 八方位と二十四方位がよく使われるポピュラーなものです。

2つの見方

八方位法ではすべて45度で分られ、15度づつにわかるのが二十四山方位法です。 玄空埃星盤を使用する玄空派の場合は十六山方位になります。 あなたの信ずる方法を尊重してください。 あなたの家の周りにまず山と川を探してください。 山は山岳・台地・丘陵・小山・高層ビルなどが当てはまります。 川は河川・湖沼・貯水池のほかに鉄道・道路も含まれます。 そして巒頭の凶を注意深く避けるようにします。 凶はいろんなサツを指します。   代表的なサツ八卦鏡のページで見て下さい。 まずよい環境を選べるならその方が簡単です。 悪いものを避けることからはじめましょう。

このページのトップヘ