風水開運ガイド

風水の基礎知識をまとめた実用的なブログです。

タグ:四神相応

四神相応

風水術の根幹は、龍の息=生気の流れです。この生命の気を捉えてその不思議な力を自分のために活かす方法です。 龍の姿と似たある種の地形を気の源と考えています。 気は繁栄と安らぎ、富と名誉、健康と長寿の源です。気は風の強いところでは吹き飛ばされてしまいます。 水によって区切られる気を常にそこに集めて、留め、淀むことなく貯えることのできる場所が最高とされています。 そんな風水の最高の吉地は【四神相応】の土地です。 四神相応 1)北に玄武(台地、高地)、 2)東に青龍(渓流、河川)、 3)南に朱雀(平野、低地)、 4)西に白虎(大道、街道)を 備えた立地を最高のものとしています。 具体的には東に河川が流れ、南に平坦な地が広がり、 西に大きな道路が通じて、北に山脈や丘陵があるという土地です。 さらに古来、皇帝や家の長・主人は南に向かって座るのがよいとされてきました。 南にいる朱雀は前方や将来を見渡し、情報を集めて主人に伝え、 右手に狂暴な白虎を手なずけその守りとし、左手に虎をにらみ、運気を上げる青龍を置き、 背後にいる玄武は背後から迫る敵から大きな山のような甲羅で身を守ります。 主人は常に陰陽調和のとれた中央にいれば攻撃にも防御にも最高の環境にいることができます。これが環境についての【四神相応】の考え方です。

虎にご注意

注意すべきは、龍は常に虎より強くなければいけません。実際には、家の左=東にある山、ビルよりも右=西にある山、ビルは低くなければいけません。 通りなら穏やかで静かな通りの方が、あまりに激しい交通量の道路より優れていると考えます。白虎は四神の中では唯一凶の性質をあらわします。傷人の害といって他の人を傷つける危険性があります。寝室・個室にはそのため置きません。 玄武は高層ビルや森や丘でもよく、朱雀は火のエネルギーを表し、安楽と幸福に似た広場や小山がふさわしいと考えます。周囲に気の流れがまったくない場所でも、盛り土をしたり構造物を置いたりして、四神を模します。そうして気を作りだしたり、呼び出したりするのです。 人の手でも気は作り出せるというのが風水術の根幹です。 一方、無闇に風景を荒らせば気は破壊され、龍は傷ついてしまいます。 陰陽のバランスが崩れてしまうからです。

四神相応の部屋づくり

四神相応の部屋作り 家の中ではこの考え方を応用してやはり【四神相応】にすることができます。 部屋の出入り口を常に南と考えます。 あなたは部屋の中央にいると想像してください。 左手は青龍、右手は白虎、背後は玄武正面の出入り口は朱雀です。 このようにそれぞれの置物や絵、あるいはその意味する効果を果たすものを 壁に架けたり、置いたりして理想の環境に近づけます。 例えば玄武は山で、山を表す水晶洞を使うことも同じ効果を持っています。 龍は水、水晶、テラリウム、水槽など。 八卦とその意味を考え、自分の活発にしたい運勢を決めたら、 ふさわしい風水グッズも使ってよい気を取りいれ、貯え、淀まないようにしてください。

龍の置き方

龍はエネルギー(気)のシンボルです

風水において龍は権威を象徴し、中国では皇帝のシンボルでもありました。富貴吉祥をあらわす龍は正しい位置に置けば財を招き富貴を呼びこむことが出来ます。人間関係を順調にして争い事を避けるために、家の中で寅のパワーを圧倒するように配置することが必要です。 龍は水のシンボルですから古来より湖・滝・川・海に住み雨乞いは龍を呼び寄せるものと言われています。 中国晋代の風水書『葬経』に 『気は風に乗じて散じ、水にくぎられて止まる』という記述があります。 大地の気は、風に吹かれると散逸し、水に逢うと止まるという意味です。 気は生命エネルギーのことですが風水はこの気をいかに呼びこみ いかに長くとどめるかにその注意を集中しています。 陽の気のエネルギーを蓄え龍によりよく働いてもらうために水を供えます。 水は龍の住処となり家に出入りする出入り口となります。 龍にペットのように親しむ古代中国伝来の龍アイテム活用法をご紹介しましょう。 まず名前をつけて可愛がってください。

●龍の置き方:

龍は家の中心から見て東、もしくは玄関に外からはいった時右側に置きます。龍が水を飲み、龍に親しんでくるともう1匹ほしくなります。そんな時は各部屋の入り口のやはり入って右側に置いてください。

●龍のパワーアップ方法:

  1. 招財進寶古銭を龍の下に敷く。財力アップに。
  2. 八卦古銭を下に敷く。こちらは邪気を払うため。
  3. 六帝古銭を首に巻く。家内平安,健康、運気向上に。 財運と権威を特に求める場合は五帝古銭にします。
  4. お香を焚く。パワーアップに。 5.水晶玉を備える。パワーアップと願いを叶え邪気を払うために。
  5. 十寶を備える。パワーアップに。
  6. 新鮮な水。器は銅製の水杯がイオン的によいとされています。 また、清潔な環境。涼やかな鈴の音。明るい照明など。 龍とのコミュニケーションがうまく行くと水が減ってきます! 不思議ですよ!龍のパワーを実感して下さい。
関連記事四神相応にする方法陰陽五行説 青龍の置き方白虎の置き方玄武の置き方朱雀の置き方

風水四神のひとつである朱雀は、 陰陽五行説では火を象徴しています。 南の方のを守護を司る霊鳥です。 季節では夏をあらわし、不死鳥として尊ばれています。 さて、朱雀の置き方ですが、 朱雀 四神相応に応じて、南に置きます。 実際に南におければ一番よいのですがそうでない場合は、 主人がいる部屋や家の正面を常に南と考え、ドアのそばに置きます。 たとえドアのある方位が北でも東でも構いません。 主人が向かう入り口の方向を常に南と考えてください。 中国の皇帝は常に南面するという風水の伝統にそった方法です。   関連記事四神相応にする方法陰陽五行説青龍の置き方白虎の置き方玄武の置き方朱雀の置き方

風水四神のひとつ・白虎は使い方が難しい置物のひとつです。 なぜなら虎は四神の中で唯一、凶を表す聖獣だからです。 使い方を間違えると人間関係に害を及ぼします。 虎の威圧感と権威を生かして、 開運する方法は・・・ 毒をもって毒を制するアロワナや薬品のように虎を使ってください。 外部からやってくるサツや陰の気を撃退することが出来ます。 まさに虎は強力なガードマン! さて、虎の置き方は 1)常に自分の右側においてください。 家の玄関や事務所・店舗の場合も同じです。 置くなら、白虎の方位=西、または玄関へ外から入って左側においてください。 2)龍とバランスをとること。 虎のパワーが強すぎると傷人の害がおきやすくなります。 龍とともに用いるようにしてください。 虎が玄関へ外から入って左側なら 龍は玄関へ外から入って右側においてください。 3)寝室や個室などプライベートな場所には置かないこと。 置き場所はリビング・玄関の外・門など共有スペースが最適です。 関連記事四神相応にする方法陰陽五行説
青龍の置き方白虎の置き方玄武の置き方朱雀の置き方

このページのトップヘ