風水開運ガイド

風水の基礎知識をまとめた実用的なブログです。

タグ:九星

nenban2024



























2/4からは新しい年が始まります。2024年の年盤をご紹介します。
風水では新年は立春から始まります。2024/2/4~2025/2/2までが新しい一年です。

しかも2024年から新しい九運に入ります。
「離の作用」によって「狎れ」は強制的に手放さざるを得ない事象が生じます。
腐敗を溜め込んだ組織は限界を迎え、やがて組織は内部から崩壊が始り、
漂い始めた第九運の氣によって暴かれ始めています。
利権や組織によって封じ込まれていた弊害から解き放たれて「創造や技術」に
光が当たる時代へ向かいます。利権を手離したくない組織や人物の抵抗による
混乱がしばらく続くことになると思われます。
価値観の同じ人を大切になさってください。

2024年は「三碧木星」が中央にくる年です。
自分が今何をしたいのか、誰と一緒にいたいのかを明確にすることで、
とっても楽しく充実した一年になるでしょう。

2024年のキーフレーズになり得る易経は雷地豫です。
「何が起きても対応できるように豫め策を講じておくと良い」ことを表しています。
つまり「備えあれば患いなし」。何事にも事前の準備と一緒にやる人が鍵になります。

2024年は「鬼宿(きしゅく)」の年で、想定外の力が働き、現実離れした思考が
大きく世の中を動かす年になります。

2024年の福徳を司り知恵とチャンスを万人に与える歳徳神が巡る幸運の方位は:
恵方は「東北東やや東(甲)」です。

万人の凶方位は次の方位です。
五黄殺5:西------金属製の風鈴で対処してください。引越し・工事など注意。
暗剣殺3:東-------赤い紙で対処してください。
歳破殺6:北西(戌)----六帝古銭で対処してください。
反対側の方位・太歳は病府-二黒2と合わせて対策を。旅行・縁談なども注意。
七紫7はスキャンダルの方位。東北、水竹3本で対処してください。 

また2024年の干支は甲辰(きのえたつ)です。

甲:種子が厚い皮に守られて芽を出さない状態や、物事に対して耐え忍ぶ
状態を表す文字です。また、生命や物事の始まり、成長も意味します。

辰:「振るう」という文字に由来しており、自然万物が振動し、草木が
成長して活力が旺盛になる状態を表します。辰は竜(龍)のことでもあり、
十二支の中で唯一の空想上の生きものです。東洋で権力・隆盛の象徴として
親しまれていた龍は、身近な存在であったことから干支に選ばれたと言われています。

「甲辰」は、「春の日差しが、あまねく成長を助く年」になるように、
春の暖かい日差しが大地すべてのものに平等に降り注ぎ、急速な成長と変化を誘う年に
なるという指針です。

この辰年は、物事が目に見えて大きく動き、変わっていく年。今までの流れに囚われない、
良くも悪くも予想外の変化が起こる一年になることが予想されます。

風水をよくしたい方はまず玄関を清掃・整理してください。もっとやろうという
方は龍の置物を取り入れてください。やってみると変わりますよ。

いまから準備をなさって2025年からのさらなる変化に備えてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。お身体と友人家族を大切に
なさってください。

洛書の魔法陣

亀の背中の魔法陣

魔方陣 中国の古い歴史書に、今から4000年前の紀元前2005年頃、後に夏の初代皇帝となる(う)という王様の治世の時に洛水が9年間も連続して氾濫したので治水工事を行った時、黄河の支流である伝説の川・洛水から1匹の神聖な亀が現れたと記されています。 亀の甲羅には画像のような九つの数字が縦横3つずつ並んで描かれていたそうです。 その模様を数字にして書きなおすと、不思議なことに縦横斜めどのように加えても、和は15になりました。いわゆる魔法陣と呼ばれるものがこれです。 そこで、当時の人々は『この模様は天の授けてくれたものに違いない』として、洛書と呼んで大切にしてきました。洛書は九星ばかりではなく、五行や八卦の原理ともされています。 魔法陣 9つの数字に色を与えて、一白(いっぱく)、ニ黒(じこく)、三碧(さんぺき)、四緑(しろく)、五黄(ごおう)、六白(ろっぱく)、七赤(しちせき)、八白(はっぱく)、九紫(きゅうし)としました。 日本ではさらに、水星、金星、火星、木星、土星の五惑星の運行が人間の行動に関連するとした『五行説』をこれにあてはめて、一白水星ニ黒土星三碧木星四緑木星五黄土星六白金星七赤金星八白土星九紫火星と呼びました。これが運命暦の『九星気学』です。 中国では九星はもともと北斗七星にニ星を加えた北斗九星の働きに由来していると考えています。この星は実星と虚星の二つの考え方があって、実星としては北斗九星を、占術としては虚星として考えます。

九星の配置

下図のように各位置に入る数字が一つずつ少ない数になって規則的に循環します。これを陰遁と言います。逆にひとつづつ増えて行く場合は陽遁と言います。 陰遁ではニは一に、一は九に、九は八にという具合です。年・月・日時とそれぞれに巡ります。 この配置=割り当てのことを九星起列と呼びます。それぞれ年家月家日家時家と呼ばれています。 日家では夏至・冬至を境に陰遁陽遁の両方があります。これで運勢を診断する九星気学では東西・西南・東北・西北をそれぞれ60度にして方位にもこの巡りの九星盤を使用します。 生年の九星盤を年盤、月の九星盤を月盤と呼んでいます。 また真ん中の位置を中宮と呼びます。必ず南が上になっています。 生まれた年の九星(本命星*これは本命卦とは全く異なる原理です。)を調べてから判断します。 日本で初めて暦を使用したのが推古天皇の604年とされ、 干支の第一順位を甲子とし、この年に中宮に入った星を一白水星とします。 干支は60年周期なので九星と干支との一致するのは180年目になります。これは元九運という地運の周期と一致します。 九星の巡り方

このページのトップヘ