風水開運ガイド

風水の基礎知識をまとめた実用的なブログです。

カテゴリ: 暦と基本用語

六曜六輝

六曜または六輝は、伝説では孔明六曜星とも呼ばれ、三国志の名将・諸葛亮孔明が発見したものといわれています。孔明はこれを戦争の作戦に利用し、ことごとく成功したともいわれています。歴史的には中国唐代の司天監(天文台長官)、李淳風の考案したものといわれています。正式名は「李淳風時課」。本来は時間立卦(何か気になることをふと思い立った時刻で占う方法)の占術でした。 室町時代に中国から日本に輸入された頃は本来の名前で次のようなものでした。やがて日本独自のものに改変され、名前も変わってきました。幕末の天保年間(1830から40年)までは時刻の吉凶に使われていました。それが日にちの吉凶に変わって、明治6年のおばけ暦に載せられて大流行してから生活に定着したようです。

昔の六曜

大安(たいあん)のちに泰安。 本来は事態ますます盛んになるの意味。財は西南に。 ○留連(りゅうれん)のちに流連か立連。のちに友引。 計画は挫折しがち。希望にはまだ到達できない。 ○速喜(そっき)または則吉(そっきち)。のちに先勝。 喜びごとがやってくる。財は南。 ○赤口(しゃっこう)または赤舌(しゃくぜつ)。 争いごとが多い。西に病人がでる。 ○小吉(しょうきち)または周吉(しゅうきち)。のちに先負。 多いに吉の状態。ほとんどのことは円満。 ○空亡(くうぼう)のちに虚亡(きょぼう)、さらに仏滅。 空亡・虚亡が物滅となりついに仏滅と変化して今に至っています。 本来は煩わしいことが多い。おとなしく時期の過ぎるのを待て、の意味。

今の六曜

六曜の配当は現在、次のようになっています。月の名前はすべて旧暦です。 ○先勝===正月と七月の朔日(一日) ○友引===二月と八月の朔日 ○先負===三月と九月の朔日 ○仏滅===四月と十月の朔日 ○大安===五月と十一月の朔日 ○赤口===六月と十二月の朔日 それぞれの解釈は流派で異なっていますが、次のようになっています。 随分違いますね。日の吉凶で見る方は覚えておくと便利です。 ○先勝 (土御門)午前吉、午後凶、急いで吉 (高島)万事急ぐこと吉、午後凶 (安政雑書万暦大成)万事朝より昼までにすれば障りなし。 但し昼過ぎより日暮れまで悪し。 (神社本歴)諸事急ぐことに良し。午後より悪し。 ○友引 (土御門)午前は利なく、夕方吉 (高島)夕刻大吉、葬式を忌む (安政雑書万暦大成)友引きとて半ばよし。午の刻(午前11時から午後1時)悪し。 この日葬礼出すべからず。大いに忌むべし。 (神社本歴)朝夕良し。正午悪し。葬式を忌む。 ○先負 (土御門)平静を守り吉、午後吉 (高島)静かな事に吉、午後吉 (安政雑書万暦大成)万事朝より昼まで悪し。昼過ぎより日暮れまで障りなし。 (神社本歴)諸事静かなることによし。午後大吉。 ○仏滅 (土御門)この日吉凶なし (高島)凶日、何事も忌む (安政雑書万暦大成)大悪日なり。よろず用ゆべからず。 (神社本歴)万事凶。口舌を慎むべし。患えば長引くおそれあり。 ○大安 (土御門)吉日、万事進んでよし (高島)吉日、旅行、移転その他吉 (安政雑書万暦大成)大安吉日なり。何事によらず良し。 (神社本歴)移転開店等万事利あらざるなし。大吉日。 ○赤口 (土御門)正午吉、前後は大凶 (高島)凶日、ただし正午だけ吉 (安政雑書万暦大成)悪日。よろず忌むべし。但し午の刻ひととき障りなし。 (神社本歴)諸事油断すべからず。用いゆるは凶、正午少し良し。  

二十四節気

二十四節季

旧暦=太陰太陽暦は、季節を正確に知るために二十四節気や七十二候によって補正されています。新月から新月までの周期を一朔望月といい、29.530588日です。太陰暦では30日(大の月)と29日(小の月)を交互に6回づつおくので1年は354日になります。ところが朔望月を12倍すると354.36705日で、その差は0.36705日となり、30年で11日の差になってしまいます。これを縮めるために11回、355日のうるう年を入れて調節しました。 一方、季節を正確に知るための1太陽年は、365.2422日です。朔望月の12倍と比べると約11日長いです。そこで両方をできるだけ近づけるために19年間のうち、1年を12ヶ月とする年を12回、1年を13ヶ月とする年を7回入れることにしました。こうすると太陽年と12朔望月との差は19年で1.086日となり、220年で約1日の差になります。これが旧暦=太陰太陽暦です。 うるう月が19年に7回入ると暦の上での月日が季節に対して1ヶ月もずれることがあり、暦に季節の推移を示す基準点として二十四節気をおきました。二十四節気は下記の表でもわかるように太陽年の長さを基に決められています。月のめぐりとは関係がありません。立春から次の立春までは約365日。この事実を利用して旧暦では日付けと季節のずれを調節したのです。 二十四節気は、節と中からなっています。太陽が黄道(地球から見て太陽の通る天球上の道)を24等分し、太陽がその24の境目の点を通かする時が二十四節気のそろぞれに当たります。各節気の間は15度です。太陽が黄道を運行する速度は一定ではないので中から中までの期間は29日10時間から31日11時間となり、1暦月の内に中が2つ入ることもあり、1つも入らないこともあります。それでも、季節感のない生活には旧暦はなかなかいいものです。  
四季 名称 節気 2009年 説明『暦便覧』1788年より引用。
立春 正月節 2/4 春の気立つをもってなり。
雨水 正月節 2/18 陽気地上に発し雪氷溶けて雨水となればなり。
啓蟄 二月節 3/5 陽気地上に動き、ちじまる虫穴を開き出ればなり。
春分 二月中 3/20 日天の中を行き昼夜等分の時なり。
清明 三月節 4/5 万物発して清浄明潔なれば、この芽は何の草としれる也。
穀雨 三月中 4/20 春雨振りて百穀を生化すればなり。
立夏 四月節 5/5 夏の立つがゆへなり。
小満 四月中 5/21 万物盈満すれば草木枝葉繁る。
芒種 五月節 6/5 芒のある穀物、稼種する時なればなり。
夏至 五月中 6/21 陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以ってなり。
小暑 六月節 7/7 大暑来れる前なればなり。
大暑 六月中 7/23 暑気いたりつまりたるゆへなればなり。
立秋 七月節 8/7 初めて秋の気立つがゆへなればなり。
処暑 七月中 8/23 陽気とどまりて、初めて退きやまんとすればなり。
白露 八月節 9/7 陰気ようやく重なりて露こごりて白色となればなり。
秋分 八月中 9/23 陰陽の中分なればなり。
寒露 九月節 10/8 陰寒の気に合って露結び凝らんとすらんとすればなり。
霜降 九月中 10/23 つゆが陰気に結ばれて霜となりて降るゆへなり。
立冬 十月節 11/7 冬の気立ち初めて、いよいよ冷ゆればなり。
小雪 十月中 11/22 冷ゆるが故に雨も雪となりてくだるが故なり。
大雪 十一月節 12/7 雪いよいよ降り重ねる折からなればなり。
冬至 十一月中 12/22 日南の限りを行きて、日の短きの至りなればなり。
小寒 十二月節 1/5 冬至より一陽起こる故に陰気に逆らう故、益々冷える也。
大寒 十二月中 1/20 冷ゆることの至りて甚だしきときなればなり。

十干って?

十干(じゅっかん)は 甲(こう)・乙(おつ)・丙(へい)・丁(てい)・戊(ぼ)・己(き)・庚(こう)・辛(しん)・壬(じん)・癸(き)の総称です。

干の意味

中国・殷の時代には太陽が10個あるという神話があり、 毎日違う性質の太陽が昇ってくると考えていました。 その10種類の太陽を区別するために1日ごとに名前をつけました。 それがです。 その日に生まれた者は、その日の太陽の性質を受け継ぐと考えられました。 この太陽が一巡する10日間を表すものとしてという単位が生まれました。 上旬・中旬・下旬という言葉はこれにもとがあります。 旬の中の何番目に当たるかを表す記号がです。 1旬は10日ですから干は10種類あります。1週間の各曜日に月曜などの名前がつけられているのと同じ考え方です。

十干の種類と意味

十干の語源は、草木の生長過程を十段階に分けて名付けられたものです。 それは以下のようになっています。 ・甲 甲は「冑=よろい」。種子が発芽するにあたってまだ厚皮を被っている状態。訓読みでは、きのえ。 ・乙 乙は「軋=きしる」。芽がまだ伸長していないで屈曲している状態。訓読みでは、きのと。 ・丙 丙は「炳=あきらか」。草木が伸長してその姿形が明かになった状態。訓読みでは、ひのえ。 ・丁 丁は「丁壮=壮年男子」。草木の姿形が充実した状態。訓読みでは、ひのと。 ・戊 戊は「茂=しげる」。草木が繁茂して盛大となった状態。つちのえ。 ・己 己は「紀=すじ」。 草木が十分に繁茂して盛大となり、かつその筋道が整然となった状態。訓読みでは、つちのと。 ・庚 庚は「更=あらたまる」。草木が成熟して結実した結果、自ら新しいものに 再出発しようとする状態。訓読みでは、かのえ。 ・辛 辛は「新=あたらしい」。草木が枯死して新しくなろうとする状態。訓読みでは、かのと。 ・壬 壬は「妊=はらむ」。草木の種子の内部に新しいものがはらまれる状態。訓読みでは、みずのえ。 ・癸 癸は「揆=はかる」。草木の種子の内部にはらまれたものが次第に形作られている状態。訓読みでは、みずのと。  

陰陽五行説と十干の組み合わせ

十干が陰陽五行説と結びつくと 甲・乙を、 丙・丁を、 戊・己を、 庚・辛を、 壬・癸を に 割り当てた上で陰陽に分け、 甲・丙・戊・庚・壬を陽の干で兄(え)、 乙・丁・己・辛・癸を陰の干で弟(と) と定めました。 同じ気であってもその性質に大きな差があります。 例えば、火気の陽の干である丙は太陽の光熱を、 火気の陰の干である丁はろうそくの光を当てはめることができます。 また、水気の陽の干である壬は海を、 水気の陰の干である癸には水滴をといった具合です。 陰陽説と五行説との組み合わせによって十干に新たな意味づけがなされたことがわかります。

干支と十干との60の組み合わせ

さらに、干は支と組み合わされる時、陽は陽と、陰は陰としか結びつかないため120通りではなく最小公倍数の60通りになります。組み合わせはそれぞれを歯車で例えるとわかりやすいと思います。 十干十二支の60の組み合わせ 命主占法では 十干は天干、 十二支は地支ともいわれ、 十二支で方位を 十干で生まれ持った本来の性質を見ます。 また、十干にはそれぞれに運気を上げる色やアイテムがあるといわれています。四柱推命を見る方はぜひ参考にしてください。  
五行 十干 五色 宝石 アイテム
甲・乙 きのえ・きのと 木の兄と弟 エメラルド・翡翠 甲は桃・桜・松・梅。乙は観葉植物、竹。 木・植物
丙・丁 ひのえ・ひのと 火の兄と弟 ルビー・アメシスト・ガーネット ハイビスカス・アネモネ・チューリップ 太陽・果物
戊・己 つちのえ・つちのと 土の兄と弟 トパーズ・シトリン たんぽぽ・パンジー・きんぽうげ 山・土
庚・辛 かのえ・かのと 金の兄と弟 パール・ダイアモンド 百合・くちなし・カスミソウ 宝石
壬・癸 みずのえ・みずのと 水の兄と弟 アクアマリン・ブルートパーズ ヒヤシンス・勿忘草・紫陽花・ラベンダー 海・湖・水

十ニ支って?

十二支は、殷の時代に十二ヶ月を表す記号として用いられました。 子(し)・丑(ちゅう)・寅(いん)・卯(ぼう)・辰(しん)・巳(し)・午(ご)・未(び)・申(しん)・酉(ゆう)・戌(じゅつ)・亥(がい)の十二個あります。 後に戦国時代になって、それぞれ覚えやすい動物の名前が当てられました。 (ね)・(うし)・(とら)・(う)・(たつ)・(み)・(うま)・(ひつじ)・(さる)・(とり)・(いぬ)・(いのしし)

12ヶ月への配当

十干の干は幹を表し、十ニ支の支は枝をあらわしています。 子を一月に、丑を二月に、以下同様に順に当てはめていったと考えられていますが、 現在では寅が正月に割り当てられています。 これは立春正月が使われるようになったためです。 中国では時代によって正月が異なっていました。 周の時代には冬至を含む月(子)を正月に、 殷の時代にはそれより一ヶ月遅れた月(丑)を正月に、 夏の時代にはさらに一ヶ月遅れた月(寅)を正月にしていました。 十二支も草木の生長過程を十二段階に分けて名付けられたものでした。   旧暦一月。 ・卯 卯は茆(=しげる)。 陽の気が盛んとなり地上の万物がみな繁茂します。 瑞々しい緑で地上が覆われ明るくなって春が来たことを感じます。 旧暦二月。 ・辰 辰は振(=ふるう)。 陽の気が盛んになっ充満し万物はまぶしいほどの輝きを得ます。 雷は鳴り響き植物は伸びて成長の真っ只中です。 旧暦三月。 ・巳 巳は巳(やむ)。 陰の気は既にみな鎮まって陽の気が出尽くし最大になります。 万物がそれ以上生い茂ることのない極に達します。 旧暦四月。 ・午 午は忤(さからう)。 陽の気は最大になって、陰の気も徐々に現れ陽の気と争いを始めます。 万物が繁茂の極を過ぎて衰微の傾向が見え始めるころ。 旧暦五月。 ・未 未は味または昧(くらい)。 陰気がすでに成長し万物がようやく衰え体がかくれ暗くなること。 草木に実った果実が成熟して本来の味や持ち味を生じる状態。 秋の気配が漂っています。 旧暦六月。 ・申 申は呻(=うめく) 。 陰の気が次第に強まり万物を締め付け、草木に実った果実が成熟して 固まって行く状態。 旧暦七月。 ・酉 酉は酎(=さけ)。 万物が老い極まって成熟すること。 草木に実った果実の成熟が極限に達した状態。秋の収穫の頃。 旧暦八月。 ・戌 戌は滅(=ほろぶ)。 万物は熟しきり、陽の気はすべて地下に入してしまう。 草木が枯れているように全く動きのない状態になります。 旧暦九月。 ・亥 亥は門構えに亥と書いて閉じる。 陽の気はすべて地下に潜入して、生命力は種の中に閉じ込められる。 凋落した草木の種の中に新しい生命が表れ来春の陽気を静かに待つ姿です。 旧暦十月。 ・子 子は孳もだえる。 陽気が動き出して万物が芽生えること。 草木の種が土の中で水分を吸収し、やがて来る春に向かって芽を出そうと準備をはじめた姿。 旧暦十一月。 ・丑 丑は紐(=ひも)。 陰の気が次第に減少して陽の気が増し、種子の内部で萌芽が膨らんでくるが、 未だ十分に伸び得ないでまだ皮を被って外に顔を見せない状態。 旧暦十二月。 ・寅 寅は虫偏に寅と書いて蠢く。 陰の気が減少して、陽の気が地下から地上に上昇するため、 草木の芽がようやく地面に顔を出して初々しい位元気な姿をあらわします。

木星と十二支

もともと十二支は五惑星のうち最も大きく尊貴とされていた木星=歳星の運行から来たものとされています。 中国古代書「爾雅(じが)」によると 木星の公転周期(およそ十二年)にちなんで天空にあり、木星の位置を示すものとして十二支が生じた、とあります。 木星は太陽や月とは逆に西から東に向かって移動するので仮想的な木星を考え、これを東から西に移動するようにしました。 この仮想的な木星は神格化されて太歳(たいさい)と呼ばれています。 そして、この太歳のいる場所に付けられたのが十二支なのです。 (太陽の周りを30年かけて回るのが土星です。 木星と土星が直列するのは12年と30年の最大公約数である60年に一回です。 西洋占星術のいう60年周期説もここに根拠があります。 経済学説のコンドラチェフの景気波動説も60年周期ですね。)

十二支の配当まとめ

十二支は陰陽や五行を始め、いろいろなものに配当されました。 まとめると次のようになります。
十二支 陰陽 五行 時間 太鼓の数 方位 季節
23時~翌1時まで 真北
1時~ 3時まで -
3時~ 5時まで -
5時~ 7時まで 真東
7時~ 9時まで -
9時~ 11時まで -
11時~ 13時まで 真南
13時~ 15時まで -
15時~ 17時まで -
17時~ 19時まで 真西
19時~ 21時まで -
21時~ 23時まで -

方位への割り当て

二十四山方位では、15度ずつ区切って配当されます。 十二支と北斗七星の動きを組み合わせて日の吉凶を見るのが十ニ直と呼ばれるものです。 また、時間へは1日を12等分して 2時間(一時/いっとき)ずつ配当されます。これを十ニ辰刻法といいます。 そろぞれ太鼓を打って知らせました。 一辰刻は四刻、一刻は十分(じゅうぶ)とされました。 辰刻の最初の刻が一刻です。 鐘の打ち数で昼と夜に同じ打ち方があるので、 明・朝・昼・夕・暮・夜・暁と時刻を示す言葉を頭につけて区別しました。 暮れ六つなどがその例です。 1日=12辰刻=48刻=480分で太陰太陽暦は出来ています。 また別に一日を100等分して、それぞれを一刻としました。 刻は初刻=午前11時から八刻までありました。 ですから一辰刻は八刻三分の一となります。 丑三つ時というのは、丑の三刻で 午後2時前後の真夜中を、 昼の八時(やつどき)は午後3時ほどでおやつを食べて一休みする時として 今も使われています。 東西南北を四正(しせい)、 その中間である東北・東南・西南・西北を四隅(しぐう)と言います。 東北の隅には丑と寅(うしとら=艮)が、 東南の隅には辰と巳(たつみ=巽)が、 西南の隅には未と申(ひつじさる=坤)が、 西北の隅には戌と亥(いぬい=乾)が配されています。 艮の方位を鬼門、 その反対側の坤の方位を裏鬼門といいます。 また北極と南極を結んだ線が子午線と呼ばれるのもここから来ています。 午前・午後など身近な呼び名もうなずけますね。 二十四山方位は、コンパスで座山や門位などを見るときによく使います。  
二十四山方位 角度(各15度)
子 癸 丑 艮 寅 甲 卯 乙 辰 巽 巳 丙 午 丁 未 坤 申 庚 酉 辛 戊 乾 亥 壬 352.6~7.5度 7.6~22.5度 22.6~37.5度 37.6~52.5度 52.6~67.5度 67.6~82.5度 83.6~97.5度 97.6~112.5度 112.6~127.5度 127.6~142.5度 142.6~157.5度 157.6~172.5度 172.6~187.5度 187.6~202.5度 202.6~217.5度 217.6~232.5度 232.6~247.5度 247.6~262.5度 262.6~277.5度 277.6~292.5度 292.6~307.5度 307.6~322.5度 322.6~337.5度 337.6~352.5度

十二直って?

十二直はまたの名を「十二客」、「十二建」ともいい、日の吉凶をみるためのものです。

十二直の展開

飛鳥時代から江戸時代、明治、大正、昭和の初期までは 六曜よりもこちらで婚礼などの儀式の日取りを選んでいました。 移転、建築、増改築、造作、稲まき、養蚕、治療、就職、事業、 法事、衣服の裁断、旅行、井戸掘り、酒造りなど あらゆる吉凶判断をこの十二直で行っていました。 十二直は十二支と深い関係があります。   もとは中国の北斗七星信仰に由来しています。 北斗七星は万物の運命を司る力があるという信仰です。北斗七星の柄杓の指す方向でその配当が決められ、その順序は次のようになっています。

十二直の内容と意味

原則として12のサイクルですが、毎月の節入りの日のみ、前日の十二直と同じものを配するのが特徴です。節入り前日が除なら、節入り当日も除、満なら満となります。 ○(たつ)==旧暦十一月節の最初の子の日 大吉にてよろずに良し。庭の動土、蔵開きは凶。 ○(のぞく)==旧暦十二月節の最初の丑の日 何事にも悪しき事を除ける日なり。何かを除去するは大いに良し。 結婚、庭の動土は凶。 ○(みつ)==旧暦正月節の最初の寅の日 移転、旅行、婚礼、開店、元服、建築、普請すべて吉。 ○(はいら)==旧暦二月節の最初の卯の日 万事平静を良しとする日で、よしあし共に平らかなり。 婚礼は吉、地固め、柱立て、稲まきなどに良し。溝、穴堀りには凶。 ○(さだん)==旧暦三月節の最初の辰の日 物事が適当に定まる日で何かを決定するに良き日なり。 地固め、稲まき、売買は吉。 但し、普請、造作、植木植え替えは凶。特に婚礼は大吉。 ○(とる)==旧暦四月節の最初の巳の日 五穀の取り入れ、物の売買などすべて手に入れることに良し。 特に婚礼(嫁取り)、稲まき、造作などは吉。但し、金銭収納、財産整理などは悪し。 ○(やぶる)==旧暦五月節の最初の午の日 訴訟、談判には吉。約束、契約、交渉、相談などは凶。特に婚礼は大凶。 ○(あやぶ)==旧暦六月節の最初の未の日 何事にも危険の伴う日で大凶日。旅行、登山は特に大凶。 ○(なる)==旧暦七月節の最初の申の日 物事が成立する日で、見合い、婚礼、事業開始、開店、稲まき、普請、造作、 移転などに吉。特に結納は大吉。訴訟、談判には凶。 ○(おさん)==旧暦八月節の最初の酉の日 五穀の取り入れ、物品の買付などは吉。見合い、結婚は凶。 ○(ひらく)==旧暦九月節の最初の戌の日 運が開けるという日で大吉日。入学、開業、造作、婚礼、出張、投機などに良し。 但し葬式は凶。 ○(とづ)==旧暦十月節の最初の亥の日 万事に悪日。墓造り、埋葬、納骨、便所造りにはよい。旅行は大凶。

このページのトップヘ