風水開運ガイド

風水の基礎知識をまとめた実用的なブログです。

風水の基礎知識をまとめた実用的なブログです。

五行説

自然界や人間社会の諸現象など森羅万象の生成・変化を説明する原理で、木・火・土・金・水という五つの要素を考えます。 要素ということからわかるように「木」とはいわゆる木そのものを指すのではなく、草木の生長・発育を行う不思議な力を指しています。そういった力を「気」と呼んでいます。他の要素も同様に考えます。これらの気が循環することで森羅万象の生成・変化が行われるという考えです(五行の「行」という字には「巡る・運行」という意味あります)。 要素の数を「五」にしたのは古代人の実生活に必要な五材から来たとも、人の片手の指が五本であることから来たとも言われています。古代インドには五元素、西欧にも四大元素という似通った考え方がありました。 一説には夏の国の聖王・禹がつくったといわれています。禹の治世のときに洛水から上ってきた一匹の亀の甲羅に書かれた文様(洛書)から五という数を悟り、国を治めるのに五つの基本原理を思いついたと言われています。 禹が定めた五行は、 「水は土地を潤おし、穀物を養い、集まって川となって流れ、海に入って鹹(かん:しお)となる。火は上に燃えあがり、焦げて苦くなる。木は曲ったものも真直ぐなものもあり、その実は酸ぱい。金は形を変えて刀や鍬となり、味は辛い。土は種を実らせ、その実は甘い」 (「水は潤下し、火は炎上し、木は曲直、金は従革し、土は稼穡(かしょく)す」)というものです。 禹は『木火土金水』と五つの『味』、五行五味の調和を政治の原則としました。 この考えが、斉国の陰陽家・鄒衍(すうえん)によって、後に五つの惑星と結びつけられ、さらに森羅万象に当てはめられて五行説として完成したとも言われています。 五行(五気)は次のようになります。  ・木気 木が持つ形態や性質を観念化したものです。 一例として曲がったり真っ直ぐになったりすることがあげられます(樹木が生長する様子)。 春を象徴します。  ・火気 火が持つ形態や性質を観念化したものです。 一例として明るく熱く燃え上がることがあげられます。 夏を象徴します。  ・土気 土が持つ形態や性質を観念化したものです。 一例として実のあるものを持つことや作物を植えたり取り入れたりすることがあげられます。 季節間の推移を象徴します。  ・金気 金属が持つ形態や性質を観念化したものです。 一例として冷たく硬いことがあげられます。 秋を象徴します。  ・水気 水が持つ形態や性質を観念化したものです。 一例として冷たく潤いがあり流れ下ることがあげられます。 冬を象徴します。 五行とはこの世の森羅万象をとにかく五つのグループに分類したものと言えます。 先に五行(五気)は循環しますが、循環の仕方に三種類あります。

五行の3つの種類

それが次の相生と相剋と比和です。 ・相生 相順応する関係です。今流の言葉で言えば「相性がよい」関係です。 ・相剋 相手を剋する関係です。今流の言葉で言えば「相性が悪い」関係です。 ・比和 同気が重なる関係です。そのためにその気がますます盛んになります。 それが良い方になる場合にはますます良くなり、 悪い方になる場合にはますます悪くなります。

陰陽五行説

古代中国で別々に成立した陰陽説五行説は結びつき、宇宙生成原理はもちろん人間の生き方(道徳)をも含むものに発展しました。 陰陽五行は初めは四季の変化を説明するのに使われたようです。 この世の初めは何も区別できない混沌とした状態(太極)だったが、その中から軽く澄んで暖かい気((陽気)が上昇して「天」に、重く濁って寒い気(陰気)が下降して「地」になり、この陰陽二気は一年という周期をもって消長し、その間に木・火・土・金・水という五つの気が生じ、これらも消長することで四季の別ができる、と考えたようです。 宇宙に存在する森羅万象を陰陽二気の働きによって説明し、次に五行による運行により判断を下すという考え方です。

五行相生と五行相剋

五行同士の関係を説明するための理論が作られてきました。

五行相生

五行相生とは五行間の循環を「相生の相」として捉える理論です。 木・火・土・金・水の五気の間に次のような循環を見いだします。 木気は火気を生じ、火気は土気を生じ、土気は金気を生じ、金気は水気を生じ、水気は木気を生じる、という循環です。 順に「木生火」、「火生土」、「土生金」、「金生水」、「水生木」と呼ばれています。 この説は素朴な自然の摂理にかなっていると言えます。 ・木生火 (もくしょうか) 木は火を生む。 木をこすり合わせることが火が生じるので火を生む。 ・火生土 (かしょうど) 火は土を生む。 火は燃えることで灰(すなわち土)を生じるので土を生む。 ・土生金( どしょうごん) 土は金を生む。 土は集まると山となり山は石を生じる。 金は石の中に含まるので土は金を生む。 土の中に光り輝くものが金(属)でありしたがって土は金(属)を生む。 ・金生水 (ごんしょうすい) 金は水を生む。 山に雲があると雨となる。 山は石を生じ石の中に金が含まれるので金は水を生む。 湿度が高い時には金(属)の表面に水滴が生じる。したがって金(属)は水を生む。 ・水生木 (すいしょうもく) 水は木を生む。 水の潤いによって木は生長するので木を生じる。 このような関係から木→火→土→金→水の順に巡って行けば 何事もうまく事が運ぶと考えたようです。

五行相剋

gogyo1.gif 五行相剋とは五行間の循環を「闘争の相」として捉える理論です。 木・火・土・金・水の五気の間に次のような循環を見いだします。 木気は土気に剋ち、土気は水気に剋ち、水気は火気に剋ち、火気は金気に剋ち、金気は木気に剋つ、という循環です。 順に「木剋土」、「土剋水」、「水剋火」、「火剋金」、「金剋木」と呼ばれています。 この説もやはり素朴な自然の摂理にかなっていると言えます。  ・木剋土(もっこくど) 木は土に剋つ。木は土に根を張り土から栄養分を吸い取って生長する。 これは木が土の気を損なうことであるので、木は土に剋つ。  ・土剋水(どこくすい) 土は水に剋つ。土は水を吸い取り、また、常に流れようとする水をせき止める。 これは土が水の気を損なうことであるので、土は水に剋つ。  ・水剋火(すいこくか) 水は火に剋つ。水は火を消してしまう。 これは水が火の気を損なうことであるので、水は火に剋つ。  ・火剋金(かこくごん) 火は金に剋つ。金属は強く固いが、火はその金属を溶かしてしまう。 これは火が金の気を損なうことであるので、火は金に剋つ。  ・金剋木(ごんこくもく) 金は木に剋つ。大木であっても斧や鋸(これらは金属である)にかかると切り倒されてしまう。 これは金が木の気を損なうことであるので、金は木に剋つ。  

あなたの本命卦を探してください。

八卦の何に当たるかがわかったら次はその特性を見てください。 同じ生年月日でも男女で異なります。 下記のリストにない生年月日の場合は、下記のサイトでkua numberを知り、それを本命卦に当てはめてください。 坎=1、坤=2、震=3、巽=4(中央は5)、乾=6、兌=7、艮=8、離=9 クアナンバー計算機 リリアン・ツー https://www.wofs.jp/kua_number_calc 本命卦 アプリ https://www.happycom.co.jp/2013/01/20130130_huusui/
本命卦早見表
本命卦
新暦生年月日・時差修正済み時間
西暦
元号
詳細
命卦
九星
五行
陰陽
命卦
九星
五行
陰陽
1950年
昭和25年
1/6 6:39~
1951年
昭和26年
12/27 19:14~
1952年
昭和27年
1/6 18:10~
1953年
昭和28年
1/6 0:03~
1954年
昭和29年
12/27 12:32~
1955年
昭和30年
1/6 11:36~
1956年
昭和31年
1/6 17:31~
1957年
昭和32年
1/5 23:11~
1958年
昭和33年
1/6 4:05~
1959年
昭和34年
1/6 10:59~
1960年
昭和35年
1/6 16:43~
1961年
昭和36年
1/5 22:43~
1962年
昭和37年
12/27 11:20~
1963年
昭和38年
1/6 10:27~
1964年
昭和39年
1/6 16:22~
1965年
昭和40年
1/5 22:02~
1966年
昭和41年
1/6 3:55~
</t d>
1967年
昭和42年
1/6 9:48~
1968年
昭和43年
1/6 15:26~
1969年
昭和44年
1/5 21:17~
1970年
昭和45年
1/1 9:44~
1971年
昭和46年
1/6 8:45~
1972年
昭和47年
1/6 14:43~
1973年
昭和48年
1/1 3:13~
1974年
昭和49年
1/6 2:20~
1975年
昭和50年
1/6 8:18~
1976年
昭和51年
1/6 13:59~
1977年
昭和52年
1/6 19:51~
1978年
昭和53年
1/6 1:44~
1979年
昭和54年
1/6 7:32~
1980年
昭和55年
1/6 13:29~
1981年
昭和56年
12/22 1:56~
1982年
昭和57年
1/6 1:03~
1983年
昭和58年
1/6 6:59~
1984年
昭和59年
1/6 12:42~
1985年
昭和60年
1/5 18:36~
1986年
昭和61年
1/6 0:21~
1987年
昭和62年
1/6 6:09~
1988年
昭和63年
1/6 11:56~
1989年
平成元年
1/1 0:22~
1990年
平成2年
1/5 23:33~
1991年
平成3年
1/6 5:22~
1992年
平成4年
12/27 17:52~
1993年
平成5年
1/5 17:01~
1994年
平成6年
1/5 22:51~
1995年
平成7年
1/6 4:42~
1996年
平成8年
1/6 10:33~
1997年
平成9年
1/5 16:22~
1998年
平成10年
1/5 22:11~
1999年
平成11年
1/6 04:00~
2000年
平成12年
12/22 16:27~
2001年
平成13年
1/5 15:38~

八卦鏡の取り付け方と保管方法

風水八卦鏡は、原則として屋外で使用してください。明確なサツに対するバリヤーとなります。 明確なサツがない場合、現在問題がない場合などは風水八卦鏡の使用を控える方賢明です。風水八卦鏡は非常に強力です。 ホームセンターに行くと壁につけるいりいろなフックがあります。熱で溶かした樹脂で壁面にフックを取り付ける方法が一番確実です。 わからない場合はホームセンターの店員さんにご相談ください。取り外しが簡単で傷や跡も残りません。多くの場合2個SET200~300円くらいです。 風水八卦鏡の設置例です 取り付ける場所は家本体の壁の窓やドアの真ん中ですぐ上が一番です。壁にまずフックなどを取り付けて、そこにきちんと固定してください。写真はマンションの玄関ドアの上です。 風で飛ばされたりしないように注意してください。逆効果になります。高さは最低でも190~200cmになるはずです。 保管方法は、和紙に天然塩ととに包み、静かな場所に保管してください。交換の目安は、表面の模様が見えなくなった頃や鏡が破損した時です。

風水八卦鏡の種類と選び方

風水八卦鏡(平面鏡) 風水八卦鏡(凸面鏡と凹面鏡) 平面八卦鏡:室内または屋外。穏やかなサツ封じに。 凸面八卦鏡:主に屋外。跳ね返す強いサツ封じに。 凹面八卦鏡:主に屋外。サツを揉みこみ、気を取り込む。

代表的なサツとその対策

反弓サツ家の前の道が反弓サツである時:道のカーブの外に家がある時、反弓サツがあります。 反弓路に面した窓や玄関に水晶クラスターを左右一対置きます。あるいは、玄関の外に水晶ポイントを4~5個道に逆らうように埋めます。 他にも凸面八卦鏡樹木、獅子牌などを使用します。 槍サツT字路の突き当たりの家、L字路の突き当りに家がある時: その道の交通量が多いほど槍サツの影響を強く受けます。不意の怪我・病気・事故が増えます。この場合は3本の水晶ポイントを道路の向けて埋めます。さらに玄関に衝立・屏風・観葉植物等を置いて強化してもよいです。できない場合は、水晶クラスターを玄関に一対置いてください。凸面八卦鏡・獅子牌での対応が最も効果的です。 頂心サツ家の前に電柱や大きな樹がある時頂心サツです。玄関に一対の水晶ポイントを埋めて下さい。埋められない場合は、置いておくだけでもよいです。凸面八卦鏡での対応が最も効果的です。 破財サツ玄関からベランダへまっすぐ見通せる時破財サツです。お金が貯まりません。また玄関から入ってすぐ階段がある時もよくありません。この場合は水晶の七星陣を玄関に置きます。気がゆっくり家にめぐるように廊下にを互い違いに配置して蛇行するように工夫したり、暖簾を下げたり、カーテンをレースと厚いもの2重にしてもよいです。夜にはカーテンを必ずひいてください。 門冲サツ家の前に他の家の玄関が直面している時門冲サツです。お隣とトラブルが絶えません。家の中でもドアが他の部屋のドアと直面している時はよくありません。特にトイレのドアと直面している時は、泌尿器系の健康に問題が出ます。キッチンの入り口と直面している時も怪我や事故が心配です。アメシストのポイントを玄関や部屋のドアの側に置いて下さい。トイレの時はいつもトイレを清潔にして四隅に水晶ポイントを置いてください。ドアの入り口に暖簾を吊るしてもよいです。トイレの蓋は常に閉じて陰の気を封じ込めてください。キッチンの時もドアに側に水晶やアメシストのポイントを置いてください。盛り塩をするのも良い方法です。他には凸面八卦鏡・獅子牌での対応が最も効果的です。 圧サツ天井や柱の出っ張りが部屋にある時圧サツです。すぐ机やベッドを梁の下からずらしてください。風鈴瓢箪を使うか、水晶ポイントを4本銅線でやや間隔を長くしてまとめ、梁や出っ張りに取り付けてください。水晶ポイントの側に瓢箪の形の花瓶を置くことでも解消さ,れます。 ○他の建物の角が玄関や入り口に向かっている時稜角サツです。その角度が鋭い時は尖刃サツともいいます。凸面八卦鏡や獅子牌での対応が最も効果的です。水晶ポイントを一対相手の建物に向けて埋めて下さい。アメシストの水晶洞を玄関に飾ってもよいです。高価ですが効果はあります。 白虎サツ白虎の側=家の右で工事や取り壊しがある時白虎サツです。水晶ポイントを工事の規模に合わせて2~5本使用してください。クラスターと併用するとさらに効果的です。麒麟の置物を置いても構いません。継続したトラブルには龍亀の置物でも対処できます。 天斬サツ大きな建物が二つ前に並んでいる時槍サツ稜角サツより強い天斬サツです。水晶ポイントやクラスターを使用してください。

長さにもある吉凶

長さにも吉凶があります。 風水で使う文公尺はまたの名を魯班尺ともよばれ、長さの吉凶を見る専門のものさしです。 この尺は中国文化圏のあらゆるところで2500年以上も前から使われてきました。 中国の建築だけではなく、日本でも平安時代からほとんどの建築はこのメジャーの吉凶を基に作られました。 方位に吉凶が あるように長さにも吉凶があることを孔子の弟子で、建築の神様として現代でも知られている魯班という人が発見した寸法の原則です。 家や墓の寸法を風水尺の単位で測り、それぞれ吉にすることでよりパワフルに気をコントロールすることが可能です。  
風水尺(魯班尺)の示す吉凶
メジャー ◎1段目は尺。 ◎2段目は門公尺。 ◎3段目は丁蘭尺。 ◎4段目はセンチの寸法です。(インチのものもあります。) メジャーアップ
陽宅(住居・事務所)に用いるのは門公尺です。
門公尺2段目
財徳 財運に恵まれる 退財 財がどんどん減少する
寶庫 勝負・くじ運に強くなる 公事 争い・訴訟事が多い
六合 財を得る 牢執 牢屋に入る
迎福 福に恵まれる 孤寡 ひどい病気や未亡人になる
添丁 家族が増え繁栄する 長庫 離別する
益利 利益を得る 劫財 財を奪われる
貴子 高貴な子を得る 官鬼 裁判沙汰が絶えない
大吉 すべてが順調にゆく 失脱 物を亡くす
順科 試験で優秀な成績を得る 死別 家族が早死する
横財 労せず思わぬ財が入る 退口 家族に病人が多くなる
進益 財運がとてもよい 離郷 故郷を離れる
富貴 名誉と財を得る 財失 泥棒にあい、財を失う
財至 財を得る 災至 意外な災難に遭う
登科 試験に合格する 死絶 家族が重病になる
進寶 くじ運が強く財を得る 病臨 家族が病気になる
興旺 家族・財に恵まれる 口舌 トラブル・噂に苦しむ
陰宅(墓)に用いるのは丁蘭尺です。陽宅では仏壇・トイレ等に用います。
丁蘭尺3段目
福星 家族が増えて繁栄する 口舌 トラブル・噂に苦しむ
及第 昇進する・成績優秀となる 病臨 家族が病気になる
財旺 財がますます増える 死絶 家族が重病になる
登科 試験に合格する 災至 意外な災難に遭う
天徳 有用な人の助けを得る 失脱 物を亡くす
喜事 有用な人と事業をともにする 官鬼 裁判沙汰が絶えない
進寶 くじ運が強く財を得る 劫財 財を奪われる
納福 すべてが順調にすすむ 無嗣 後継ぎがない
大吉 すべてが順調にすすむ 離郷 故郷を離れる
財旺 財がますます増える 死別 家族が早死する
益利 少ないお金で大きな利益を得る 退丁 家族が別れ、病人が増える
天庫 お金が貯まる 失財 常に財を失う
富貴 名誉と財を得る 孤寡 ひどい病気や未亡人になる
進寶 くじ運が強く財を得る 牢執 牢屋に入る
横財 労せず思わぬ財が入る 公事 争い・訴訟事が多い
順科 試験で優秀な成績を得る 退財 財がどんどん減少する
登科 試験に合格する
貴子 高貴な子を得る
添丁 家族が増え繁栄する
興旺 家族・財に恵まれる
迎福 福に恵まれる
六合 財を得る
進寶 くじ運が強く財を得る
財徳 財運に恵まれる

四神相応

風水術の根幹は、龍の息=生気の流れです。この生命の気を捉えてその不思議な力を自分のために活かす方法です。 龍の姿と似たある種の地形を気の源と考えています。 気は繁栄と安らぎ、富と名誉、健康と長寿の源です。気は風の強いところでは吹き飛ばされてしまいます。 水によって区切られる気を常にそこに集めて、留め、淀むことなく貯えることのできる場所が最高とされています。 そんな風水の最高の吉地は【四神相応】の土地です。 四神相応 1)北に玄武(台地、高地)、 2)東に青龍(渓流、河川)、 3)南に朱雀(平野、低地)、 4)西に白虎(大道、街道)を 備えた立地を最高のものとしています。 具体的には東に河川が流れ、南に平坦な地が広がり、 西に大きな道路が通じて、北に山脈や丘陵があるという土地です。 さらに古来、皇帝や家の長・主人は南に向かって座るのがよいとされてきました。 南にいる朱雀は前方や将来を見渡し、情報を集めて主人に伝え、 右手に狂暴な白虎を手なずけその守りとし、左手に虎をにらみ、運気を上げる青龍を置き、 背後にいる玄武は背後から迫る敵から大きな山のような甲羅で身を守ります。 主人は常に陰陽調和のとれた中央にいれば攻撃にも防御にも最高の環境にいることができます。これが環境についての【四神相応】の考え方です。

虎にご注意

注意すべきは、龍は常に虎より強くなければいけません。実際には、家の左=東にある山、ビルよりも右=西にある山、ビルは低くなければいけません。 通りなら穏やかで静かな通りの方が、あまりに激しい交通量の道路より優れていると考えます。白虎は四神の中では唯一凶の性質をあらわします。傷人の害といって他の人を傷つける危険性があります。寝室・個室にはそのため置きません。 玄武は高層ビルや森や丘でもよく、朱雀は火のエネルギーを表し、安楽と幸福に似た広場や小山がふさわしいと考えます。周囲に気の流れがまったくない場所でも、盛り土をしたり構造物を置いたりして、四神を模します。そうして気を作りだしたり、呼び出したりするのです。 人の手でも気は作り出せるというのが風水術の根幹です。 一方、無闇に風景を荒らせば気は破壊され、龍は傷ついてしまいます。 陰陽のバランスが崩れてしまうからです。

四神相応の部屋づくり

四神相応の部屋作り 家の中ではこの考え方を応用してやはり【四神相応】にすることができます。 部屋の出入り口を常に南と考えます。 あなたは部屋の中央にいると想像してください。 左手は青龍、右手は白虎、背後は玄武正面の出入り口は朱雀です。 このようにそれぞれの置物や絵、あるいはその意味する効果を果たすものを 壁に架けたり、置いたりして理想の環境に近づけます。 例えば玄武は山で、山を表す水晶洞を使うことも同じ効果を持っています。 龍は水、水晶、テラリウム、水槽など。 八卦とその意味を考え、自分の活発にしたい運勢を決めたら、 ふさわしい風水グッズも使ってよい気を取りいれ、貯え、淀まないようにしてください。

龍亀・ロングイ 龍亀(ロングイ)は、体が亀、頭が龍の動物です。龍の子孫とも呼ばれています。 亀はその甲羅で邪気を跳ね返し、龍は貴人運を高めて、よい人を招き。財運をもたらします。

置き場所

1匹で通常は室内に置きます。頭を玄関の方法へ向けてください。 ご商売の方はオフィスや店舗の入り口に置いてください。 特にレジのそばに置くとさらに効果が高まります。 財を途切れることなく集めてくれるといわれています。 また机の上に置いても仕事や勉強のサポートをする働きがあります。 台湾・中国では神棚・お仏壇に置かれるこのも多く、その場合は関帝像とともに置かれることが多いです。

お手入れなど

龍とは違いますのでお水はあげなくても良いです。代わりに時々お香を焚いてあげてください。パワーアップには元宝、八宝、十宝、古銭などを底を破ってお腹の中に入れてあげるか、そばに置いてあげるのが一般的です。 お手入れは乾いた柔らかい布で表面を拭くだけで十分です。黄銅製ならら何世代も長く持ちます。風水ロングイで財を集め、素晴らしい生活を送ってください。

このページのトップヘ