風水開運ガイド

風水の基礎知識をまとめた実用的なブログです。

風水の基礎知識をまとめた実用的なブログです。

風水四神のひとつ・白虎は使い方が難しい置物のひとつです。 なぜなら虎は四神の中で唯一、凶を表す聖獣だからです。 使い方を間違えると人間関係に害を及ぼします。 虎の威圧感と権威を生かして、 開運する方法は・・・ 毒をもって毒を制するアロワナや薬品のように虎を使ってください。 外部からやってくるサツや陰の気を撃退することが出来ます。 まさに虎は強力なガードマン! さて、虎の置き方は 1)常に自分の右側においてください。 家の玄関や事務所・店舗の場合も同じです。 置くなら、白虎の方位=西、または玄関へ外から入って左側においてください。 2)龍とバランスをとること。 虎のパワーが強すぎると傷人の害がおきやすくなります。 龍とともに用いるようにしてください。 虎が玄関へ外から入って左側なら 龍は玄関へ外から入って右側においてください。 3)寝室や個室などプライベートな場所には置かないこと。 置き場所はリビング・玄関の外・門など共有スペースが最適です。 関連記事四神相応にする方法陰陽五行説
青龍の置き方白虎の置き方玄武の置き方朱雀の置き方

昇り鯉 鯉が激流を溯る姿を描いた昇り鯉は 昔から男子の健やかな成長と商売繁盛、出世などの シンボルとして使われてきました。 最近では夫婦2匹の鯉を描いたものもあります。 いずれも中国の黄河上流の急流地点である "竜門"を鯉が登れば竜となるという登竜門伝説に由来します。

b51005.jpg 香炉は気の浄化に使われます。 よい香りは空間とともにこころまで浄化します。   八宝十宝を灰の下に埋めてから使用します。 灰や香木・お香をセットにしたものも販売されています。 またコーンタイプや渦巻きタイプなどさまざまな

  お香が販売されています。お好きな香りではじめて ください。ただし同じ香炉では同じお香を焚くように しないと、香りが混じって本当の香りを楽しめなく なります。

十宝 十宝は、金・銀八卦・銅八卦・生鉄に五色を表す大玉真珠・ 翡翠または瑠璃(ラピスラズリ)と珊瑚・黄水晶(シトリン) ・黒オニキスを加え、さらに五色縄と五穀とポーチを加えます。 五色縄は、中国の陰陽五行によって天地のすべてを構成する 木・火・土・金・水を五色の色布で象徴的に表したものです。 五穀は、稲穀・緑豆・紅豆・黒豆・黄豆の代表的な穀類です。 金・銀八卦・銅八卦・生鉄・珍珠(真珠)・瑪瑙・ 印度翡翠(アベンチュリン)の七寶に五色縄を加えたものです。 八宝 八宝は、金・銀八卦・銅八卦・生鉄・珍珠(真珠)・瑪瑙・ 印度翡翠(アベンチュリン)の七寶に五色縄を加えたものです。 五色縄は、中国の陰陽五行によって天地のすべてを構成する 木・火・土・金・水を五色の色布で象徴的に表したものです。 ともに初めて使う香炉の灰の中に埋めたり、力をさらに高める ために使います。貔貅麒麟の中にも入れてパワーアップに 使いこともあります。  

フクロウ ふくろうは縁起のよい鳥として大切にされてきました。 苦労が不要、 福が来る、 福が来て朗らか、 福が籠もる、など 苦労+不にちなんだ語呂あわせが元となっています。 古来より『幸福を運ぶ鳥』と親しまれています。 ふくろうを身に着ける人に幸運を運ぶと信じられています。 縁起の良い名前をもつ幸運を運ぶ開運の使者(鳥)として 親しまれてきました。 また、ふくろうは、賢明・知恵・知識・案内・ 不正を見透かす象徴です。何千年も前から 生存していると信じられており、森の賢者、 住居の守り神と言い伝えられています。 ミネルヴァとはローマ神話における知性と技芸の 女神のこと(ギリシャ神話のアテナと同一)です。 ふくろうは、そんな女神の使いとされ、 知性の象徴といわれています。 そのため『学問・知恵の神様』ともいわれており、 学業成就、合格祈願を願う人にも親しまれています。

言葉に不思議な力があるのはよく感じられますね。 この護符は伝染病の予防に使います。 左の手のひらを開いて右手の人差し指で シュ と一回、書いてください。こころをこめて呼吸を整えて。 きっとあなたの体はいつもよりよく守られるはずです。

言葉に不思議な力があるのはよく感じられますね。 この護符は勝負する時や ギャンブルの時に使います。 左の手のひらを開いて 右手の人差し指で no-title と一回、書いてください。 こころをこめて呼吸を整えて。 きっとあなたの想いはいつもより叶うはずです。

このページのトップヘ